スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

結膜炎は放っておけば自然治癒するのか?

更新日:2016/12/09 公開日:2016/07/28

結膜炎の基礎知識

比較的身近な目の病気の結膜炎。そのため自然治癒できるのでは?と解釈をしてしまいがちです。そこでドクター監修のもと、自然治癒する結膜炎とできない結膜炎について解説します。

結膜炎はもっともポピュラーな目の病気です。それだけ身近な病気だけに、病院へ行くか行かないかの判断に迷うところ。そこで、自然治癒できる結膜炎とそうでない結膜炎の違いを解説します。

自然治癒する結膜炎と治療が必要な結膜炎

結膜炎は全身の免疫が低下している時期にかかりやすいものです。

結膜炎と同時期に風邪など他の病気に罹っていた場合はその病気が完治することで結膜炎も自然治癒するケースがあります。また、軽症の結膜炎であれば自らの免疫力で症状が収まることもあります。

逆に、治療が必要な結膜炎のサインとして

  • 家族や身近な人も同じ症状がある
  • 黄色、もしくは黄緑色の目やに
  • 糸をひく目やに
  • 強いかゆみ
  • 痛みがある
  • まぶたが腫れて目が開けにくい

などがあげられます。上記の症状がみられる場合は速やかに受診をしましょう。

早く治したいのであれば眼科へ受診を

「なんだか目がかゆい」「いつもよりも目やにが多い」などの目の異変は早期受診、治療をおこなうことが症状改善の最短ルートです。

基本的な治療としては点眼が中心で、場合によって軟膏や内服薬を用いることもあります。自己判断で治療を中断すると、症状の悪化や治るまでに長い時間がかかってしまうケースもあるため、医師の指示に従い結膜炎が完治するまでは通院を怠らないようこころがけましょう。

再発しやすい結膜炎とは?

感染性結膜炎の多くは眼科での治療によって完治します。しかし、アレルギー性の結膜炎だけは別です。アレルギー性結膜炎の原因は花粉やハウスダスト、ペットの毛などのアレルゲンです。薬物療法によって症状を抑えることは可能ですが、完治しないために再発しやすい結膜炎といえるでしょう。

アレルギー性結膜炎と診断された場合には、血液検査で原因となるアレルゲンを割り出し、そのアレルゲンを避けることも有効です。まず季節性アレルギーでは2月から4月頃にスギやヒノキのアレルギーがみられます。これに次いで、5月から7月に起きてくるのがカモガヤなどのイネ科植物のアレルギーです。この他に通年性アレルギーというものがあって、その抗原の多くはダニやハウスダストです。この場合には年中アレルギーがあって、かゆみを訴えます。抗アレルギー薬の点眼や内服のほか、最近は経口でアレルゲンに対する免疫反応を弱くする方法などもありますから、まずは何に対するアレルギーかを見極めることが重要です。

結膜炎には実に多くの種類があります。軽症であってもまずは眼科へ受診し適切な治療を受けることで、自然治癒よりも格段に早い段階で完治させることができます。

たかが結膜炎と過信せず、早めの受診をおすすめします。

今すぐ読みたい