スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

腸の状態がチェックできる!腸内細菌検査とは

更新日:2018/01/30 公開日:2016/08/10

腸内環境・腸内フローラを学ぶ

人間の腸内には、さまざまな種類の菌が存在しています。善玉菌、悪玉菌、日和見菌の3つに分類でき、そのバランスが健康に大きな影響を及ぼします。腸内の菌を検査する方法について、ドクター監修の記事で解説します。

腸内環境を整えることは、美と健康を維持する上でとても重要です。疲労や肌荒れなど日々の不調が気になる人は、善玉菌優位の腸内環境を作ることで改善する可能性がありるのです。それでは、どのようにして自分自身の腸内環境の状態を知ることができるのでしょうか。

身体の状態は腸内の細菌に聞く!

腸内環境の悪化は、美と健康に大きく影響してきます。そのため、なるべく腸内環境を善玉菌優位の状態に保つことが重要です。しかし、腸内環境がどのようになっているかを把握することは非常に難しいです。便の色やにおい、便通の回数、体調など多角的に判断する必要があります。個人的に腸内環境の状態を知りたい場合は、腸内細菌検査を受けてみるのもよいでしょう。

腸内細菌検査で何がわかる?

腸内細菌検査を行うことで、腸内にどのような種類の菌が存在するかを測定することができます。腸内細菌は100~500種以上も存在し、それぞれの菌により人体に及ぼす影響が異なります。また善玉菌、悪玉菌、日和見菌のそれぞれが存在する割合も調べることができます。つまり、善玉菌が優勢となっている健康な腸なのか、悪玉菌が優勢で改善の必要のある腸なのかも知ることができるのです。また、検査の回数を重ねることで腸内環境の推移データを蓄積することができ、生活習慣の改善による腸に対する効果も確認することができます。

腸内細菌検査はどうやるの?

腸内細菌検査は便を採取し、医療機関や研究機関で分析を行います。腸内細菌も遺伝子を持っている生き物です。その遺伝子を解析することにより、腸内に生息する細菌の種類や勢力を判定します。

腸内細菌検査を受ける手段

健康診断で検便を行うこともありますが、その際の検査は主に便中に含まれる血液を調べることで消化器系の異常の有無を確認しています。そのため、腸内細菌検査を受けたい場合は個人で受ける必要があります。個人で受ける場合は、腸内細菌検査を行っている医療機関で検査を実施するか、販売されている腸内細菌検査キットを使用する方法があります。

どちらの方法でも腸内に生息する菌の種類やバランス、腸内環境改善のための指導などの情報を知ることができます。医療機関で検査を行う場合は、検査の結果に応じて生活習慣改善の指導やサプリメント、医薬品の処方などの治療を受けることができます。

腸内細菌検査は、必ずしも受けなければいけないものではありません。しかし、健康維持のために重要なことを知ることのできる検査です。日々の不調に悩まされている人は一度受けてみてはいかがでしょうか。