スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

角膜びらんとは

更新日:2016/12/09 公開日:2016/09/15

目のトラブルの基礎知識

角膜びらんの症状や原因、治療法などについて、ドクター監修の記事で解説します。角膜びらんにならないため、角膜びらんになったときに適切な治療をすばやく行うため、特徴をしっかりと理解しておきましょう。

角膜びらんとは、どのような病気なのでしょうか。角膜びらんと呼ばれる状態や症状、治療法などをご紹介します。角膜びらんは、さまざまな原因により起こり得る病気です。

角膜びらんとは

角膜とは、一般的に黒目と呼ばれている部分のことです。0.5mmほどの厚さしかありませんが、一番表層は外界からのバリアとして働いている角膜上皮です。角膜上皮は数層の上皮細胞の層からなりますが、角膜上皮の一部またはすべてがはがれた状態のことを角膜びらんといいます。ちなみに、障害が上皮だけでなく、その下の角膜実質に及ぶ場合は角膜潰瘍と呼びます。再発をしない単純性角膜びらんが一般的ですが、治療をしても再発をくり返す再発性角膜びらんもあります。

角膜びらんの症状

角膜は痛みを感じる知覚神経が非常に多く分布しています。そのため、角膜びらんを発症すると、目のごろつきや痛み、充血が生じます。過剰にまぶしさを感じたり涙がたくさん出たりしますが、目やにはそれほど多く出ません。びらんが角膜中心に近くに起きると、視力が低下します。

角膜びらんの原因

角膜びらんは外傷やコンタクトレンズ障害など、外的な要因で起こるものがほとんどです。ここでは、単純性角膜びらんの主な原因をご紹介しましょう。

外傷

爪で角膜を傷つけるほか、異物や逆さまつげが目に入ったことによる傷で角膜びらんを発症することがあります。

コンタクトレンズ障害

コンタクトレンズの洗浄などが不十分で角膜びらんを引き起こすことがあります。また、コンタクトレンズを装用したまま寝てしまって、角膜に傷がついて発症するケースもみられます。角膜びらんになると角膜上皮細胞のバリア機能がなくなり、細菌などに対して抵抗性がなくなり、感染性角膜潰瘍に発展して重症化することも多いので注意が必要です。

ドライアイ

目が乾くと角膜が傷つきやすい状態になります。エアコンによる乾燥のほか、パソコンやスマホなどの画面を長時間見続けて、まばたきの回数が減ってしまうことにも注意が必要です。

兎眼性角膜炎

うさぎの目を意味する兎眼は、うさぎと同様に目を完全に閉じることができない状態のことをさします。顔面神経麻痺やまぶたの外傷などが原因で兎眼になるのですが、そのせいで角膜が乾燥し、ドライアイと同様に角膜びらんを発症する可能性が高くなります。

角膜びらんの治療法

角膜びらんの治療には、人工涙液や抗生物質の目薬を用いるのが一般的です。症状が軽ければ目薬だけで治せる場合がありますが、眼軟膏を目に塗った状態で眼帯をする治療が行われることもあります。再発性角膜びらんの場合には、保護用のソフトコンタクトレンズを装用して再発を防ぐ治療や、上皮の接着不良を改善するための外科的方法をとる場合もあります。

この病気・症状の初診に向いている科 眼科

ヘルスケア本