スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

赤ちゃんの蒙古斑は治療しなくてもよい?

更新日:2016/12/09 公開日:2016/09/05

蒙古斑の基礎知識

日本人の赤ちゃんの多くに見られる蒙古斑(もうこはん)ですが、症状は実にさまざまです。他と比べて自分の赤ちゃんは大丈夫かと心配になってしまう方もいるでしょう。そこで、ドクター監修のもと赤ちゃんの蒙古斑について解説します。

生後1週間頃から出やすい蒙古斑(もうこはん)は、日本人の赤ちゃんにはよく見られるものです。初産の場合などは、心配になってしまう方もいますが、蒙古斑は赤ちゃんに害を与えるものではありません。ここでは、赤ちゃんの蒙古斑について解説していきます。

赤ちゃんに蒙古斑ができやすい理由

人間の肌の色を決める色素細胞・メラノサイトは、通常は皮膚の表皮にあるものですが、日本人の赤ちゃんの多くには、表皮の下にある真皮にもメラノサイトが存在します。その原因は定かではありませんが、一時的にお尻や腰の周辺にメラノサイトが集中していることが原因と考えられています。

蒙古斑ができる原因について詳しくは「蒙古斑ができる原因とは?」をご覧ください。

蒙古斑の症状は人それぞれ

蒙古斑が出る範囲や大きさは、赤ちゃんによって異なります。まず範囲は、腰やお尻に発生するのが一般的です。しかし、手足やお腹、胸などに生じることがあり、これを異所性蒙古斑と呼びます。大きさも、ホクロのような小さなものから、手のひら大になるものまであります。また、生まれつき蒙古斑がある赤ちゃんもいれば、生後1か月ほど経ってから出てくる赤ちゃんもおり、発生時期もさまざまです。

赤ちゃんのうちに治療すべき?

蒙古斑は悪性化することはないため、早急に治療する必要はありません。異所性蒙古斑は色があせづらいという傾向がありますが、ほとんどは、5~6歳ごろまでには消えていきます。ただし、まれに他の病気が潜んでいる場合もあるので、医師の診断のもと経過を観察していきましょう。

見た目が気になるという方もいますが、蒙古斑の除去のために行うレーザー治療にはリスクもともないます。医師の診断を受けたうえで、通常消えやすいといわれる6歳を過ぎてから検討するとよいでしょう。

レーザー治療について詳しくは「蒙古斑のレーザー治療について」をご覧ください。