スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

前十字靭帯損傷は予防できるの?

更新日:2018/06/14 公開日:2016/09/21

前十字靭帯の診断・治療・予防法

前十字靭帯損傷(ACL損傷)とは、ひざの内側にある前十字靭帯が、なんらかの衝撃により損傷するケガです。未然に予防する方法はあるのでしょうか。予防方法について、ドクター監修の記事で詳しく解説します。

痛みや腫れがひどく、歩くことが難しくなる前十字靭帯損傷。日常生活も困難になりますが、スポーツをしている人は一度損傷してしまうと復帰するまでに時間がかかります。未然に防ぐ方法はないか、詳しく見ていきましょう。

前十字靭帯損傷の原因と症状

前十字靭帯はひざの内側にあり、太ももの骨とすねの骨をつなぐ役目を果たしています。この靭帯が強い衝撃により損傷してしまうのが前十字靭帯損傷です。詳しくは、『前十字靭帯の損傷・断裂について』をご覧ください。

原因

スポーツ中に強くぶつかったり、ジャンプ後の着地を失敗したときに起こることが多いです。ごくまれに交通事故でも発生します。詳しくは、『前十字靭帯の損傷の原因について』をご覧ください。

症状

発生直後は痛みがあり、ひざが不安定な感じがして、立つことも難しくなります。人によっては時間が経てば歩くことが可能になりますが、靭帯は自然治癒することが難しいため、完治しているわけではありません。まずは整形外科を受診し、適切な処置を受けることが大事です。詳しくは、『前十字靭帯損傷の症状について』をご覧ください。

前十字靭帯損傷を予防するには

前十字靭帯損傷を予防するためには、どのようなことが有効なのでしょうか。

前十字靭帯を損傷しやすい姿勢

太ももの骨とスネの骨についている前十字靭帯は、ひざを安定させて歩くときにひざが前に出すぎるのを防ぐ役割があります。前十字靭帯が損傷しやすい原因として、ひざが内側を向き、足先が外側を向くニーイントゥアウトという姿勢になったときに起こりやすいといわれています。この姿勢が起こる原因として、内側広筋という太ももの内側にある筋力の不足が考えられますので、筋力トレーニングをすることが有効です。

前十字靭帯損傷を防ぐトレーニング

内側広筋を鍛えるパテラセッティングという方法があります。床にひざを伸ばした状態で座り、ひざの下にタオルをたたんで入れ、タオルを押しつぶすように足を下にぎゅっと押し付けます。ひざのお皿が上に引き上げられていることを意識しながら行うとよいでしょう。

内転筋を鍛えることも前十字靭帯損傷の予防に効果的です。立った状態で握りこぶし1つ分ほど足を開き、ひざが正面を向くようにします。ひざにタオルを挟んで内側に力を入れ、タオルが落ちないように姿勢を保ち、腹筋に力を入れて天井に吊られるイメージで背筋を伸ばします。限界までこの姿勢を保ち、ゆっくりと力を抜きます。椅子に座ったままでタオルを挟んで行うのもOKで、この場合も背筋を伸ばすように意識しましょう。

このほか、サッカーではイレブンプラスというトレーニングもあります。なお、予防のためにサポーターをつけるのは効果がありません。

前十字靭帯損傷は女性の方が起こりやすい

女性は男性に比べて筋力が弱く、前十字靭帯損傷を起こしやすいです。特にACL損傷が起こりやすいスポーツを行っている女性の方は気を付け、積極的に予防策を取り入れましょう。