スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

骨折の治療の基本(2)固定-固定の目的と処置の内容

更新日:2016/12/09 公開日:2016/09/30

骨折の診断・治療

固定とは、整復した骨を正しい位置のまま保持するための治療法です。固定には、手術をともなわない外固定や、手術が必要な内固定、創外固定があります。骨折における固定の目的と処置の内容について、ドクター監修の記事で解説します。

整復した骨を正しい位置のまま保持するための治療法が固定です。固定には、外固定、内固定、創外固定があります。それぞれの処置の内容について解説します。

固定の目的

固定は、整復した骨を正しい位置のまま保持するために行います。骨折部を固定して動かないようにすることで、骨折した骨同士がつながるのを助けます。しっかり固定されていれば、ほとんど場合で元のように治ります。

処置の内容

固定には、保存療法に用いられる外固定、手術療法に用いられる内固定、創外固定の3つがあります。

外固定

ギプスなどで骨折部を体外から固定する方法です。外固定をする場合は、骨折した骨の上下2関節を含めて固定するのが原則です。たとえば、すねを骨折した場合は、膝関節から足首の関節まで固定します。固定する素材に使われるのは、昔は石膏ギプスが一般的でしたが、今はプラスチックギプス(キャスト)が使われています。また、絆創膏やアルミ板、針金でできた副子を指の骨折の固定に用いることもありますが、簡単に固定できる分、グラグラと動きやすいのが難点です。

内固定

手術によって体内に固定材を入れ、骨折部を連結固定する方法です。AO法といわれる手法が一般的で、安定して固定できれば、ギプスなどの外固定を併用しなくても、早いうちに関節や筋肉を動かすなどのリハビリテーションを行うことが可能です。ただし、手術では感染のリスクもあります。

また、手術の際には、骨折した骨と軟部組織の血行を妨げないように注意する必要があります。手術では、整復と固定を同時に行うのが一般的です。固定材に用いられるのは、ステンレス鋼やコバルトークロム合金、チタン、チタン合金など、金属製のものがほとんどです。形状は、鋼線(こうせん)やスクリュー、プレート、釘などさまざまな種類があります。

・鋼線

主にキルシュナー鋼線が用いられ、小さな骨の固定や、他の材料で固定する前の仮止めに用いられます。

・スクリュー

海綿骨スクリューと皮質骨スクリューなどがあり、骨と骨を固定するために使います。スクリューは、プレートとともに用いることもあります。

・プレート

骨折の部位に応じてさまざまな形があります。また、プレートを機能別に分けると、骨折部を整復した状態のまま固定する中和プレート、骨折面に圧迫力を加えて固定する圧迫プレート、プレートとプレートを固定するスクリューの間も固定されるロッキングプレートなどの種類があります。

・髄内釘(ずいないてい)

骨幹部骨折の場合に骨髄内に挿し込んで固定するもので、骨折した部分を展開せずに骨の一端から打ち込みます。スクリューを挿入して横止めする髄内釘(インターロッキングネイル)が主流で、固定力が強いため、術後すぐに体重をかけることも可能です。

創外固定

手術によって、骨折した骨にキルシュナー鋼線やスクリューピンを刺して、体外で固定する方法です。感染症を併発するリスクの高い開放骨折や、高度粉砕骨折で骨を同じ長さに維持する場合などに用いられます。

創外固定器には多くの種類があり、目的に応じて使い分けられています。骨の側面からハーフピンを刺し入れるタイプ、貫通ピンを用いるタイプ、円形のフレームを使用して、ハーフピンと貫通ピンを併用するタイプなどがあります。

ヘルスケア本