スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

鎖骨の骨折しやすさは?治癒は?手術はできる?症状と治療について

更新日:2017/12/18 公開日:2016/09/30

体幹の骨折

鎖骨の骨折は、事故やスポーツによる転倒・転落などに起因します。全骨折のおよそ10%の割合を占めるほど高い発生頻度が特徴です。鎖骨骨折の症状および治療法、手術が適応となるケースなどを、ドクター監修の記事で解説します。

鎖骨とは、胸の上方に左右一対あるS字型の骨であり、腕と身体をつないでいます。鎖骨骨折の原因として多く挙げられるのは、交通事故やスポーツによる転倒・転落などです。肩および腕に衝撃が加わり、骨折します。本記事では、鎖骨骨折の症状から治療法、リハビリテーションまでを解説します[1]。

鎖骨骨折の症状

鎖骨骨折の初期症状は、まず肩の痛みや腫れなどです。折れた瞬間にボキッという音が聞こえたり、骨折したときの骨のズレが大きかったりした場合、見た目からも明らかに骨折したことがわかります。交通事故などによる大きな衝撃では、骨だけではなく神経を損傷し、手や指のしびれや、動かせないという症状が出現します。

鎖骨骨折の診断

鎖骨骨折において、ヒビが入った程度で骨折のズレが小さいと、折れたことに気づかない場合もあります。腕を動かさなくなった子供が実は鎖骨骨折をしていた、ということもあるので、見逃さないよう注意深い観察が必要です。転倒や転落をした後に、肩の痛みあるいは腫れ、腕が上がらないという症状が出現したら鎖骨骨折が疑われます。肩や腕に違和感があれば整形外科など専門医を受診し、レントゲン検査を受けるようにしましょう[1][2]。

鎖骨骨折の治療法と経過

骨折部位や重症度により、手術が必要かどうかの判断がなされます。手術を行わない場合、整復と固定による保存療法があります[1]。

鎖骨骨折の手術

鎖骨骨折の手術方法として、鎖骨の中に鋼線を入れて固定する髄内釘固定、鎖骨に金属板をあて、ボルトで固定するプレート固定術などがあります[3]。

骨折のズレが大きい、骨折部が粉砕している場合、骨が外に飛び出すような開放骨折や、鎖骨の下の神経が傷ついたり血管を損傷したりしているケースでは手術を行います。肩先に近い部分の骨折である鎖骨遠位端骨折(さこつえんいたんこっせつ)で、かつ靱帯も痛めている場合、保存療法のみでは骨の結合が悪いため、手術による治療が行われる場合が多くあります[4]。

また、競輪選手やアスリートが競技への復帰を急ぐために、関節や筋肉への影響をできるだけ少なくするような術式での手術を希望することがあります。スポーツが原因あるいはスポーツ選手の骨折治療やリハビリテーションについては、スポーツ整形専門医に相談するとよいでしょう[1][2][3][4][5]。

保存療法

保存療法では、まず胸を張るような姿勢で骨折部のズレを整復してから、鎖骨バンド等による固定を行います。保存療法は鎖骨の中央に当たる骨幹部(こつかんぶ)で骨折が起きた場合に行われることが多い治療法です。子供の場合は、成長の過程でズレを修正し元に戻そうとする回復力が大人と比べて高いため、手術を受けずに保存療法を行うことが一般的です[1]。

治療の経過とリハビリテーション

鎖骨の骨折では、手術の程度に関わらず、骨がつながるまで最低4~12週を要します。鎖骨バンドによる固定を行っていたとしても、経過によっては骨のつながりが悪く手術が検討される場合もあります[1]。その際、骨盤から採取した骨を鎖骨の骨折部へ移植する術式で手術が行われることもあります。

また、骨折の治りを早めるために、超音波や電気刺激などによる物理療法を行う場合もあります。骨がつながってからも肩が回らない場合は、リハビリが必要です。鎖骨の骨の治癒具合によってリハビリを始める時期・方法が人それぞれ変わるので、主治医の指示に従ってください。

参考文献

  1. [1]相澤徹, et al. "鎖骨折治療法の検討" 中国・四国整形外科学会雑誌, 1999; 11(1): 147-151
  2. [2]吉原由樹, et al. "鎖骨下動脈損傷を伴った鎖骨骨折の一例" 整形外科と災害外科, 1993; 42(3): 1221-1224
  3. [3]生田拓也. "鎖骨遠位端骨折に対する plate 固定法" MB Orthop, 2007; 20: 35-44
  4. [4]清水泰宏, et al. "肩鎖関節脱臼, 鎖骨遠位端骨折に対するフックプレートによる治療経験" 肩関節, 2001; 25(3): 567-570
  5. [5]北村貴弘, et al. "鎖骨遠位端骨折の治療経験" 整形外科と災害外科, 2003; 52(2): 394-398
ヘルスケア本