スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

手や手首の骨折について

更新日:2018/06/15 公開日:2016/09/30

手の骨折

手や手首の骨折は、転倒して手をつくことで起こるケースが多く、スポーツや交通事故などの強い衝撃でも発生します。手首や手のひら、指などの骨折部位から見たそれぞれの特徴について、ドクター監修の記事で解説します。

手や手首の骨折は、転んで手をついた場合や、スポーツや交通事故での転倒が原因で起こることが多いです。本記事では、手首、手のひら、指などの骨折部位で、比較的多い原因や症状などについて説明していきます。

橈骨遠位端骨折(とうこつえんいたんこっせつ)

中高年が転倒して手のひらをつくことで起きやすく、骨粗鬆症(こつそしょうしょう)の人に多い骨折です。若い人の場合は、自転車やバイクでの転倒、スポーツや交通事故などが原因となります。手首に強い痛みがあり、受傷後すぐ腫れてきます。手首を横から見ると、フォークを食卓に伏せて置いたようなフォーク変形が見られることがあります。指に力が入らず、十分に手を握ることができません。また、手がブラブラして、反対側の手で支えなければならなくなります。折れた骨や腫れによっては、神経が圧迫され、指が痺れたりすることもあります。

手根骨(しゅこんこつ)の骨折と脱臼

舟状骨骨折(しゅうじょうこつこっせつ)、月状骨脱臼(げつじょうこつだっきゅう)、月状骨周囲脱臼、有鉤骨骨折(ゆうこうこつこっせつ)などについて、それぞれの特徴を説明します。

舟状骨骨折

手首にある8つの手根骨のうちの1つである、舟状骨の骨折です。手を強くついて転倒したときに起きやすく、半数近くがスポーツによる受傷が原因となります。橈骨遠位端骨折と比べて腫れは少なく、骨折のズレが小さければ疼痛(とうつう)もあまり強く感じません。骨がつながりにくいため、最近では手術による治療が積極的に行われるようになっています。

月状骨脱臼と月状骨周囲脱臼

いずれも、手のひらをついて転倒したときに起こります。月状骨脱臼は、手をついた衝撃で月状骨が有頭骨と橈骨の間に挟まれ、はじき出されるように手のひら側にズレた状態です。受傷後2日以内であれば、手で整復できます。月状骨周囲脱臼では、月状骨と橈骨との位置関係は正常で、他の手根骨が手の甲側にズレます。早期であれば手で整復できます。

有鉤骨鉤骨折

手に握っていたゴルフクラブやテニスラケット、野球のバットなどが鉤部に当たって起こることが多い骨折で、X線で発見しにくいのが特徴です。

中手骨骨折

手のひら部分の骨折で、直接硬い物に挟まれた場合や、ボクシングなどスポーツ外傷が原因で起こります。

中手骨骨幹部骨折

物が手の甲に当たるなど、強い衝撃が直接骨に加わった場合や、手をひねる力が働いて起こる中手骨中央部の骨折です。手の甲がいちじるしく腫れ、痛くて指を動かしにくくなります。骨がねじれて指交差や回旋といった変形を起こしたり、骨が短くなる変形もよく起こります。

中手骨頚部骨折(ボクサー骨折)

中手骨先端にある骨頭の根元での骨折で、ボクサー骨折ともいいます。薬指や小指の中手骨に発生し、こぶしを含め手の甲の先端部分が腫れ、痛みで指が動かしにくくなります。中手骨頚部骨折の治療では、屈曲変形の程度によってギプス固定、石黒法による指運動、手術による内固定を行います。

ベネット骨折(母指CM関節脱臼骨折)

ボクシングのパンチや野球のボールが当たるなどして、親指の先端部から根元に向かって衝撃が加わり、親指の中手骨の根元が骨折し、さらに骨折か所で脱臼が生じます。手による整復とギプス固定だけではすぐズレるので、手術で整復した状態で約4週間固定します。

指骨骨折と指関節脱臼

指を強打したときや硬い物に挟まれたときの他、球技、スキー、スノーボードなどのスポーツによる外傷が原因で起こります。指骨骨折は、受傷直後であれば手で整復できます。関節内骨折の場合は、関節を屈曲して整復し、骨のカケラを内固定します。指関節脱臼はX線写真でわかるので、多くの場合牽引で整復できます。しかし、手で整復ができない場合もあります。

いずれの怪我も、治療せずに放置すると後遺症を引き起こす恐れがあります。怪我をして手や手首に痛み、腫れが生じたら、整形外科を受診しましょう。

ヘルスケア本