スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

大腿骨転子部(だいたいこつてんしぶ)骨折に適した手術は?

更新日:2018/06/15 公開日:2016/09/30

足の骨折

大腿骨転子部(だいたいこつてんしぶ)に骨折が起こると歩行が困難になり、骨折をする以前の歩行能力を取り戻すためには手術が必要です。大腿骨転子部骨折に適した手術について、ドクター監修の記事で詳しく解説します。

大腿骨転子部(だいたいこつてんしぶ)骨折は、大腿骨頚部骨折に比べると骨はつながりやすいといわれています。また、周囲を血行のよい筋肉組織などに囲まれているので、骨折しても偽関節や骨頭壊死など合併症を起こしにくいといえます。ただし、大腿骨転子部骨折で骨が曲ってつながったり、脚が短くなったりすることはあります。そして、折れ方によっては偽関節(ぎかんせつ)になったり、非常に頻度は低くても骨頭壊死(こっとうえし)や、遅発性骨頭陥没(ちはつせいこっとうかんぼつ)になったりすることもあります。それでは、大腿骨転子部骨折にはどのような手術方法が適しているのかを見ていきましょう。

大腿骨転子部骨折の治療法

一般的な骨折には手術による治療が行われます。麻酔管理や手術の方法が確立されていない時代には、保存療法による治療が行われていました。しかし、保存療法では骨がつながるまで痛みを抑える処置をしながら、長い期間ベッド上で安静にしなければなりません。また、治療を受けても骨が曲ってつながったり、足が短くなったりするケースもありました。現在では、全身の状態が手術に耐えられると予想される場合には、保存療法ではなく手術による治療が選ばれるようになっています。大腿骨転子部骨折において手術を行う目的は、骨を元通りにつなげて早期に日常生活へ復帰することと、骨折をする前にあった歩行能力を取り戻すことにあります。ここでは、一般的な大腿骨転子部骨折の手術方法として行われている骨接合術について説明します。

骨接合術による大腿骨転子部骨折の手術

骨接合術とは、骨折してずれた部位をできるだけ元の形に近づけて金属などの器具で固定し、骨折したか所をつなげる手術です。大腿骨転子部骨折では、この骨接合術を行っても、大腿骨頚部骨折にみられる偽関節や骨頭壊死、遅発性骨頭陥没などの合併症の危険性はほぼありません。ラグスクリューという太いネジなどを大腿骨の外側部分から骨頭内に入れて、大腿骨の外側に当てたプレートや、大腿骨の髄腔内に差し込んだ太い随内釘(ずいないてい)で支える固定材料を用いるのがスタンダードな固定方法です。大腿骨転子部骨折では、骨接合術を行うことによって骨折か所をできるだけ元の形に近づけてしっかり固定できれば外固定は不要です。手術翌日から起立や歩行も可能となります。

大腿骨転子部骨折手術後の注意点

大腿骨転子部骨折の手術を行い、金属製の器具で固定すると、多くの場合は問題なく骨がつながります。ただし、骨粗鬆症(こつそしょうしょう)の程度がかなり悪化していたり、骨の折れ方が悪かったりすると、手術で元の形に戻した骨が再びずれてしまう整復位損失や、金属の強さに骨が負けて金属が骨から飛び出してしまうカットアウトを起こす恐れがあります。このような場合は、再手術を行わなければなりません。大腿骨転子部骨折は、骨粗鬆症の高齢女性に非常に起こりやすい骨折です。手術を含め、治療方針については担当医師に十分説明を受けてください。

参考文献

  1. [1]渡部 欣忍. "大腿骨頚部骨折と大腿骨転子部骨折 ~高齢者の脚の付け根の骨折~" 一般社団法人 日本骨折治療学会. https://www.jsfr.jp/ippan/condition/ip25.html(参照2018-06-14)

今すぐ読みたい

ヘルスケア本