スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

モートン病は何科を受診したらいいの?

更新日:2016/12/09 公開日:2016/10/24

モートン病の基礎知識

モートン病の疑いがあるときには、どのような病院を受診したらよいのでしょうか。モートン病の診断をするために行われる検査や、病院で受けられる治療法などもあわせて、ドクター監修の記事で詳しくお伝えします。

足の裏に痛みやしびれがあり、モートン病の可能性が考えられる場合には、早めに医療機関を受診しましょう。では、どのような病院を選んだらよいのでしょうか?

モートン病の疑いがあるときに受診すべき病院は?

モートン病の症状である足裏の痛みやしびれなどを感じたときには、整形外科を受診することをおすすめします。モートン病では、特に歩行時に足指の付け根から指先にかけての痛みやしびれ、焼けるような熱さを感じます。このような症状は靴(くつ)を履いているときに強くでるのが特徴です。病院に行く際は、診断時にどのような状態で症状がでるのかを伝えられるようにしておきましょう。

また、診断時は足指の付け根を横から握って、指の間に痛みやしこりがないかを確認されることもあります。モートン病であると確定診断するために、X線(レントゲン)検査や筋電図検査、MRI検査、超音波検査なども必要に応じて行われます。MRI検査で神経腫と呼ばれる、モートン病の原因となる良性の腫瘍を確認できることもありますが、診断率は高くありません。

病院で受けられるモートン病の治療

モートン病の治療は保存的治療が中心となりますが、3か月ほど様子を見ても効果が得られない場合は手術をすることがあります。どのような治療を行うかは、主治医の判断によって決められます。

モートン病の保存的治療

まずは、ハイヒールなど足に負担のかかる靴の使用や作業姿勢などを控えるように指導されるでしょう。足底板と呼ばれる中敷きを足の裏に用いて、衝撃を少なくするのが効果的とされています。また、運動療法や温熱療法で足の血行をうながしてリハビリテーションを行っていきます。痛みがひどい場合には、ステロイドの局所注射が有効です。

モートン病の手術療法

保存的療法で症状が改善しなければ、靭帯を切り離して神経腫を切除するといった手術を行う場合があります。

受けられる治療は病院によって異なるので、足の病気を専門に診ている病院や医師を選ぶことをおすすめします。