スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

ポリオ(急性灰白髄炎)の症状について

更新日:2016/12/09 公開日:2016/10/24

ポリオ(急性灰白髄炎)の基礎知識

日本では、現在は流行がおさまりあまり耳にしなくなった病気の一つにポリオ(急性灰白髄炎)があります。ポリオにかかるとどのような症状が出るのか、ドクターの監修記事で詳しく解説していきます。

 

ポリオとは、ポリオウイルスが体内に入り、腸の中で増殖して感染する病気です。日本では現在流行していないため、どのような症状が出るのかあまり知られていません。もしも感染したときのために、ポリオにかかるとどのような症状が出るのか詳しくみていきましょう。

ポリオに感染するまで

ポリオとは、ポリオウイルスが口の中から入り、腸の中で増える感染病です。増えたポリオウイルスが、便の中に排出され、この便を介してさらに他の人へ感染します。

現在の日本では、ポリオワクチンは不活化ワクチンになっています。以前は、生ワクチンを使用していましたが、生ワクチンではワクチン接種者の便から感染が生じるリスクがありました。その後、国内での感染の可能性が低くなったため、不活化ワクチンに変更した経緯があります。しかし、海外では依然として流行している地域があります。主な流行地域は、パキスタンやアフガニスタンなどの南西アジアや、ナイジェリアなどのアフリカ諸国です。

流行している国へ渡航する予定のある人は、予防法を知っておく必要があります。現在の日本では、ほとんどの人が乳幼児期に予防接種を受けて免疫を持っているため、大きな流行につながることはないといわれています。

ポリオワクチンの予防接種を受けたかは、母子手帳を確認してください。予防接種以外の有効な予防法としては、こまめに手を洗うことが大切です。食べ物を手に持って直接口にするときは必ず手を洗い、十分に衛生面に気をつけましょう。

ポリオの主な症状

ポリオウイルスに感染した場合、多くの人は症状もなく、知らない間に免疫がつくられます。人によっては、しばらくして発熱や嘔吐など風邪に似たような症状が現れることもあります。ひどい場合には、腸の中に入ったウイルスが腸管に入り、脊髄の一部まで進むことにより、手や足に麻痺が現れることがあります。そうなると麻痺が一生、身体に残ってしまうこともあるようです。

ポリオの治療法

ポリオウイルスに感染して麻痺が出た場合、有効な治療法は現在のところありません。進行を止めたり、回復させる試みはされていますが、特効薬などはまだ開発されていない状態です。ですから、麻痺した部位以外の機能を最大限に生かすためにリハビリテーションが行われます。