スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

ダイエットに最適!スロージョギングとは?

更新日:2016/12/09 公開日:2016/11/21

有酸素運動の種類

効率よくダイエットを行いたい人に最適な方法として、注目を集めているスロージョギング。健康維持の目的にも効果があるとされていますが、一般的なジョギングとはなにが違うのか、ドクター監修のもと解説します。

ジョギングは、ダイエットに効果的な有酸素運動の中でも、手軽に始めることができる運動として人気があります。しかし、あまり体力に自信がない人であれば、ジョギングを長続きさせるのは難しいと感じるのではないでしょうか。そのような人におすすめなのが、スロージョギングです。ダイエットに効果があり、健康促進に役立つスロージョギングは、ゆっくりしたペースで行うことができるため、あらゆる年代の人がチャレンジできる運動です。

無理をせずに行えるスロージョギング

スロージョギングは、パートナーと会話しながら走ることが可能なペースで行います。体力にあまり自信のない人でも無理なく始められ、スロージョギングによって徐々に体力をつけることができます。一般的なジョギングは、時速7~9kmのペースで行います。時速10~11kmのペースで行うランニングよりも若干軽い運動であるジョギングですが、スロージョギングはそれ以上にゆっくりとした速度で行う有酸素運動です。速度と走り方に注意して行えば、ダイエット効果が期待できるだけではなく、生活習慣病の予防などの健康効果を得ることができます。

スロージョギングの速度

歩く速度とほぼ変わらない、時速4~5kmぐらいのペースでかまいません。つらいと感じない速度で行う運動だからこそ、長く続けることができるというメリットがあります。

スロージョギングの走り方

正しい姿勢で行わないと、得られる効果が薄くなる可能性があります。背筋をまっすぐ伸ばして、軽くひじを曲げてリラックスした状態がスロージョギングの基本姿勢になります。また、かかとからではなく、足の指の付け根から地面に着地するように心がけることで、ひざに負担を掛けずに走ることが可能になります。呼吸については、特に気にする必要はないでしょう。

続けやすいからダイエットに効果的

ダイエットは続けて行うことが肝心です。ジョギングなどの比較的ハードな運動は、腰やひざを痛めやすく筋肉痛になりやすいため長く続けることが難しい場合もあるでしょう。その点、スロージョギングなら、歩く速さで走るため、身体に負担を掛けずに続けることができます。

消費カロリーがウォーキングの1.6倍

ゆっくり走るために、ダイエット効果が薄いのではと誤解されがちなスロージョギングですが、実際にはウォーキングの1.6倍も消費カロリーがあるといわれています。また、酸素を使って脂肪をエネルギーに変換する遅筋のみが鍛えられるので、スラリとしたスタイルを手に入れることが可能です。誰でも手軽に行うことができるスロージョギングは、無理なくダイエットを始めたい人に適した運動といえるでしょう。

今すぐ読みたい