スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

セカンドオピニオンを受けるための具体的な方法

更新日:2016/12/09 公開日:2016/11/11

セカンドオピニオンの基礎知識

セカンドオピニオンを受けるための方法について、ドクター監修の記事で詳しく解説します。セカンドオピニオンを受ける際には、必要な書類などがあります。それらがないと受けられない可能性が高いので、事前に調べておきましょう。

セカンドオピニオンを受けるには、準備が必要です。ここでは、セカンドオピニオンを受けるための方法を解説します。病院の探し方や必要な書類など、いざというときにあわてないように事前に調べておきましょう。

セカンドオピニオンを受ける病院の探し方

最近はセカンドオピニオン外来を設置している病院が増えてきたので、病院探しに苦労することは少ないでしょう。がんの場合には、相談支援センターなどに相談することもできます。また、知り合いの紹介やインターネットの検索で探す人も少なくありません。セカンドオピニオンを受ける病院を自分で見つけられない場合には、主治医に相談してみましょう。具体的な治療法に関して意見を聞きたければ、その治療を専門としている医師のセカンドオピニオンを受けるとよいでしょう。

セカンドオピニオンに必要なもの

セカンドオピニオンを受ける病院が決まったら、手続きをします。必要なものは病院によって違うので、事前に調べるか、問い合わせておきましょう。一般的には、紹介状(診療情報提供書)の他、セカンドオピニオンの際に参考にする検査のデータや資料などが必要となります。病気によって異なりますが、血液検査記録やレントゲンフィルム、心電図や脳波などの生理学的検査結果、超音波検査結果と画像などを用意しなければなりません。セカンドオピニオンを行う医師は、こういった資料から患者の状態を客観的に把握します。必要な書類が揃っていないとセカンドオピニオンを受けられない可能性が高いので、注意してください。

セカンドオピニオンを受ける際の注意点

病状によっては、できるだけ早く治療を始めなければならないので、セカンドオピニオンを受ける際には早急に主治医に相談をして、準備に取りかかってください。また、セカンドオピニオンを活用するためには、主治医の見解(ファーストオピニオン)をしっかりと理解しておかなければなりません。不明な点を残さないようにしておきましょう。そして、セカンドオピニオンで聞きたいことを整理しておきます。セカンドオピニオンを受けられる時間は限られているので、確認したい点をメモしておくとよいでしょう。

セカンドオピニオンは、基本的に本人と家族が対象です。病院によって受けられる人が異なりますが、本人以外の人が受ける場合には、本人の同意書が必要となります。セカンドオピニオン外来は相談なので、健康保険は基本的に適用されません。全額を自己負担しなければならないこともあらかじめ理解してきましょう。セカンドオピニオンの費用に関して、詳しくは『どのくらいかかる?セカンドオピニオンの費用』をご覧ください。

ヘルスケア本