スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

どのくらいかかる?セカンドオピニオンの費用

更新日:2016/12/09 公開日:2016/11/11

セカンドオピニオンの基礎知識

セカンドオピニオンにかかる費用について、ドクター監修の記事でお伝えします。セカンドオピニオンで相談できる時間には限りがあります。短い時間を有効に使うために事前に準備しておくべきこともあわせてご紹介します。

納得のいく治療を受けるため、セカンドオピニオンを受けたいと考えたときに気になるのが、費用ではないでしょうか。セカンドオピニオンはどれぐらいの金額で受けることができるのか調べておきましょう。

セカンドオピニオン外来は保険適用外

セカンドオピニオンは自由診療になるので、基本的に健康保険は適用になりません。病院によって料金が異なるので、セカンドオピニオンを受ける病院を探す際には料金もチェックしましょう。セカンドオピニオンは完全予約制である病院がほとんどなので、申し込みをする前に料金を問い合わせておくことをおすすめします。

相談時間は決められている場合が多い

セカンドオピニオンは決められた時間内で相談をしなければなりません。医師に資料を見てもらう時間も含まれると考えておいた方がよいでしょう。主治医への返信は相談時間後に作成してもらえます。一般的に、相談時間は30分と設定している病院が多く、予約時に最長60分まで延長できるところもあり、時間によって料金が決められています。相談には病理診断は含まれません。通常は治療を受けている病院からのデータだけで十分なので、セカンドオピニオン時に病理診断を行う必要はないでしょう。しかし、病理診断を希望する場合は別に手続きが必要になるので、予約の際に必ず確認しておきましょう。

短い時間を有効に使うために

30分という短い時間の中で有効な回答を得るためには、事前の準備が大切です。今までに受けた治療の経過や、検査結果が書かれた診療情報提供書の他、検査のときに撮った画像やデータなどが揃っているか確認しましょう。また、自分の症状や経過などを正確に伝えられるようにしておきます。医師と対面すると、緊張のあまり伝えるべきことを言い忘れてしまうことがよくあります。相談後に後悔しないように、質問したいことなどはメモにまとめておくとよいでしょう。

ヘルスケア本