スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

高血圧の人でもなる?食後低血圧とは

更新日:2016/12/09 公開日:2016/11/11

食後低血圧(食事性低血圧症)の基礎知識

食事の後に急激に血圧が下がる食後低血圧について、ドクター監修の記事でお伝えします。誰にでも起こる可能性があるので、食後低血圧が起こる原因と症状、治療法について知っておくとよいでしょう。

食事をした後に、めまいやふらつきを感じることが多い人は注意が必要です。もしかしたら、食後低血圧の可能性があるかもしれません。

食後低血圧とは

食後に血圧が急激に下がる症状のことを食後低血圧、もしくは食事性低血圧といいます。高血圧や糖尿病、パーキンソン病、自律神経失調症などの人に起こりやすいのですが、年齢を重ねると誰にでも起こる可能性があります。不規則な生活を送っている人や、無理なダイエットをしている人も食後低血圧に気をつけなければなりません。また、高血圧の治療で降圧薬を服用している人も食後低血圧になりやすいとされています。

食後低血圧の症状

食後低血圧の代表的な症状は、食後のめまいやふらつきです。ほかにも、眠気や寒気を感じやすくなるでしょう。人によっては、気が遠くなったり失神したりすることもあるので、転倒してケガをする恐れもあります。食後低血圧の人は食事をしてから30分~1時間ほどで血圧が急低下しやすいので、この時間は特にこのような症状に注意してください。

詳しくは『食後にめまいや立ちくらみ?食後低血圧の症状かも』をご覧ください。

食後低血圧になる原因

食事をすると、消化と吸収のために血流が増加されて、腸の近くにたくさんの血液が集まってきます。しかし、通常は血圧をコントロールする機能が正常に働いて脳などへも血液が運ばれるので、めまいやふらつきといった症状が起こりません。ところが、血圧を維持する働きが低下していると脳や心臓の血流が低下してしまいます。これが、食後低血圧です。

詳しくは『自律神経に関連している?食後低血圧の原因とは』をご覧ください。

食後低血圧の治療と対策

食後低血圧を引き起こす原因は多岐に渡るため、その原因に応じた治療を行います。たとえば、糖尿病や高血圧などの病気が原因の場合には、並行してその治療も行います。降圧薬を服用している人は、服用量を減らす必要があるでしょう。加齢が原因と考えられる場合には、食事内容や生活指導のほか、血流を調節する薬を処方されることもあります。食後低血圧を防ぐためには、食べ過ぎに気をつけて、ゆっくりとよく噛んで食べましょう。食後にしっかりと休憩することも大切です。

詳しくは『食後低血圧を効果的に治療する方法とは?』をご覧ください。