スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

治し方から予防まで、外耳炎の対処法

更新日:2016/12/09 公開日:2016/11/17

外耳炎の治療方法

外耳炎になると、耳の中に不快な痛みやかゆみを感じます。頭痛を引き起こす場合もあるため、予防や対策をしっかり行う必要があります。外耳炎の治し方や対処、予防について、ドクター監修の記事で解説します。

外耳炎は、かゆみ程度の軽い痛みからはじまり、次第に激しい痛みへと進行する病気です。頭頂部に達する頭痛のような痛みや、歯痛のような痛みを感じることもあります。また、聞こえにくくなったり、耳だれが出たりすることもあるため、治療や対処、予防が必要です。ここでは、外耳炎になってしまったときにクリニックで行われる治療や自宅でのケア方法など、外耳炎の治し方・予防法について解説します。

外耳炎の治療方法

軽度の外耳炎であれば、人にもよりますがおよそ1~2日で症状がやわらぐこともあるようです。しかし、そのまま放置すれば、症状が重くなる可能性もありますので、耳に痛みを感じたら、すみやかに耳鼻咽喉科を受診してください。

クリニックでの処置

外耳道は狭くて長く、人によっては曲がっている場合もあるため、クリニックでは、専用の器具を使って、耳の中に溜まっている耳垢やかさぶた、膿(うみ)、菌のかたまりなどをつまんだり、吸引したりして取り除きます。同時に消毒洗浄を行います。外耳炎が悪化している場合は膿がみられることもあるので、その場合は切開して取り除くこともあります。

薬による治療

患部を清潔にしたら、外耳炎の種類や症状、程度に合わせて、ステロイド剤や抗菌剤を含む軟膏や点耳薬を使用します。炎症がひどい場合は、内服薬が処方されることもあります。耳の痛みを抑えるために鎮痛剤を処方したり、かゆみが強い場合にはかゆみ止めの内服薬を用いることもあります。

再発しやすい外耳炎

外耳炎は耳かきなどによる傷が原因となることが多いため、毎日耳掃除をしないと気が済まないといった、ひんぱんに耳掃除をする習慣のある方ほどなりやすいという傾向があります。また、症状が治まってきたからといって耳掃除をしてしまうと、治りが悪くなるだけではなく、再び傷をつけて外耳炎を再発し、症状を悪化させることもあります。完治するまでは耳掃除は厳禁です。綿棒や耳かきの使用をやめ、汚れた手で耳を触ることも避けてください。何度も外耳炎を繰り返さないよう、治療中は専門医の注意やアドバイスを守るようにしましょう。

外耳炎にならないために

耳垢は、耳垢腺と脂腺の分泌物やはがれおちた皮膚の角質、ほこりなどがかたまったものです。不要なもの、汚いものというイメージがありますが、実は自浄作用があり、表皮を保護したり、雑菌などを駆除したりする働きもあるのです。耳垢は自然と耳の外に排出される仕組みになっているため、自宅での耳掃除は基本的には必要ありません。自宅では耳掃除をしないこと、耳の中を触らないことが一番大切な治療法だといえます。ただし、自然排出されにくい湿性耳垢の方や補聴器を使用されている方は、耳垢が溜まりやすいため、定期的に専門医により除去してもらうことをおすすめします。