スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

親知らずの症状が悪化?炎症などトラブルが起きる理由と治療について

更新日:2016/12/09 公開日:2016/11/17

親知らずの基礎知識

親知らずが炎症して痛み出したら、自分で治すことはできません。できるだけ早く歯科医を受診するのが最善です。親知らずのトラブルや原因、治療などについて、ドクター監修の記事で詳しく解説します。

28本の永久歯がすべて生えそろった後の10代後半から20代前半にかけて、あごの一番奥に生えてくるのが親知らずです。奥歯が痛み始めて歯科医を受診し、初めて自分に親知らずがあると知るケースは少なくありません。痛むのは、細菌が侵入し歯周炎を起こしたり、虫歯になったりすることが主な原因です。トラブルを引き起こしやすい理由は、親知らずが生えてくるタイミングにあります。

炎症以外にもさまざまなトラブルの元に

親知らずが生えてくるとき、すでにあごの中には永久歯が揃っています。そのため、狭いスペースで無理に斜めに生えたり、横向きになったり、一部しか見えなかったりといった変わった生え方になりがちです。歯ブラシが届きにくい一番奥の歯が斜めに生えていると、手入れが十分に行き届かず、炎症を起こすことが少なくありません。鎮痛薬などで痛みをごまかしていると、炎症した部分が悪化してしまうので、早めに歯科医を受診しましょう。

虫歯

歯ブラシが当たりにくいので不衛生になり、虫歯にもなりやすいと考えられます。

嚢胞(のうほう)

あごの骨に埋まっている親知らずが、嚢胞という袋をかぶっていることがあります。これが後にあごの神経を圧迫し、痛みや腫れの原因になります。自覚症状はなく、X線写真で発見できます。

妊娠中のリスク

親知らずの抜歯は、麻酔を使い、痛み止めや抗生物質の服用もあるなど、身体に大きな負担がかかります。妊娠中に親知らずが化膿してしまうと、胎児への影響も考えなければならないため、治療が困難になります。

歯並び

横向きの親知らずは、歯列を押し続けるため、放っておくと歯並びを悪くすることがあります。

親知らずが歯並びに与える影響について、詳しくは『新事実!親知らずが歯並びに与える影響』をご覧ください。

不必要に見える親知らずが生えるのは人類の進化なのか

そもそも不必要に思われる親知らずは、なぜ生えてくるのでしょうか。それは、人類の進化の一過程ととらえる説があります。古代人は現代人よりも硬いものを食べていたため、あごが大きく、親知らずが正常に機能していたというものです。それに比べてあごが小さくなった現代人は、親知らずを十分に成長させることができず、むしろトラブルの原因になってしまいます。しかし、クロマニョン人にも親知らずの欠損はあったという報告があり、確かなことはわかっていません。

症状が無く生え方も正常なら抜かなくてよい

親知らずの抜歯は、上記のようなトラブルの予防や治療のためなので、まっすぐ生えていて正常に機能していれば、あえて抜く必要はありません。症状がない親知らずは、どのような生え方をしているかが、抜歯するかしないかを判断する重要なポイントになります。

関連Q&A