スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

生理的症状?新生児に多い症状の1つ「新生児黄疸」とは

更新日:2016/12/09 公開日:2016/11/17

新生児黄疸の基礎知識

新生児に多く見られる症状に、皮膚や白目が黄色になる黄疸(おうだん)があります。多くは肝臓が未熟なために起こる生理的現象ですが、治療が必要な場合もあるので注意が必要です。新生児黄疸について、ドクター監修の記事で解説します。

新生児は、体内でビリルビンという物質が多くなり、肌や白目が黄色くなる黄疸(おうだん)が現れることがあります。多くの場合は生理的現象で起こる一過性の症状なので心配は要りませんが、状態によっては治療が必要な場合もあります。新生児に現れる黄疸について、詳しく見ていきましょう。

黄疸は血液中のビリルビン値上昇で起こる

黄疸とは、赤血球が壊れたときにできるビリルビンという成分が増えすぎ、血管からにじみ出ることで、皮膚や白目が黄色に見えるようになる症状です。肝臓がビリルビンを上手く代謝できないことが原因です。

新生児に見られる黄疸の種類

赤ちゃんに見られる黄疸は、症状の現れる時期によって3種類に分けられます。

早発黄疸

産まれて24時間以内に現れる黄疸で、赤ちゃんと母親の血液型が異なるために起こります。多量の赤血球が壊されることが原因で、早期の治療が必要です。

生理的黄疸

生後2~3日ごろから現れる黄疸です。赤ちゃんは肝臓が未発達で、壊れた赤血球の成分であるビリルビンを十分に処理できないことから起こります。規定以上にビリルビン値が上がってしまった場合は治療してください。

遷延(せんえん)性黄疸

生後1週間後ごろから現れる黄疸で、母乳の中にある女性ホルモンなどが原因で起こる母乳性黄疸があります。また、胆道閉鎖症や新生児肝炎でも起こることがあるので注意してください。

新生児が黄疸になりやすいのはなぜか

新生児が黄疸になりやすい理由は、血液が多く、大人よりも赤血球の寿命が短いからです。そして、肝臓の機能が発達しておらず、血中のビリルビンを十分に代謝できないことなどが関係しています。日本人は特に黄疸を起こしやすい遺伝子を持っているため、多くの新生児が黄疸を経験します。生理的な黄疸の場合は、生後2~3日で現れ、5~6日頃をピークに、10日ほどでおさまっていきます。病的な黄疸の場合は、生後24時間以内の発症や、1か月以上経ってもおさまらないといった特徴があります。気になる場合はすぐに医師に相談しましょう。

新生児黄疸を治療しなければならない理由

新生児の黄疸は一過性のものである場合、心配する必要はありません。しかし、病的なものが原因の黄疸や、ビリルビン値が高い状態が続くと、一部のビリルビンが脳関門を通過してしまう、核黄疸(ビリルビン脳症)が起こるリスクが高まります。脳細胞にビリルビンが沈着することによって、脳性麻痺や感音性難聴の後遺症が残ることがあるため、すみやかな治療が必要です。なお、新生児黄疸の治療法は確立されているので、早期に治療を行えば大事に至ることはありません。