スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

ギプス・装具による矯正から?先天性内反足の治療法とは

更新日:2018/06/20 公開日:2016/11/24

内反足の治療

先天性内反足の治療では、ギプスや装具を使った保存的治療の他、手術療法が行われます。治療では、広く行われるPonseti法を中心に、具体的にどのような流れで治療を進めていくのか、ドクター監修の記事で解説します。

先天性内反足(せんてんせいないはんそく)は、変形の状態や年齢などにもよりますが、基本的には保存的治療と手術療法の両方が、状況にあわせて適用されます。治療の進め方や、国内外で広く行われているPonseti法について見ていきましょう。

先天性内反足の治療時期

じん帯や関節は、年齢が低いほど軟らかい状態にあります。治療法は症状や骨の状態などによって検討されますが、早期に治療が開始されるほど足の変形を矯正しやすいといえます。ただ、誤った矯正などにより変形を助長したり、治療の成果が最大に得られない可能性もあるため、早ければよいというものでもないようです。経験の豊富な専門医の診断と治療を受けることが大切です。

先天性内反足の治療

先天性内反足においては、大きく保存的治療と手術療法の2つの治療法があります。治療に関してはさまざまな方法がありますが、標準化され、一般に多く行われているのが、Ponseti(ポンセティ)法と呼ばれる治療です。病態によってはPonseti法に限らず、他の治療法が用いられることもあります。

Ponseti法とは

Ponseti法は、徒手やギプスによる矯正に、装具療法や手術を組み合わせた治療法です。Ponseti法は、早期の治療開始が望ましいとされていますが、治療開始が少し遅くなっても十分な治療成績が見込めます。

Ponseti法では、まず徒手矯正とギプス矯正を6~7週間ほどかけて行います。ギプス矯正では、尖足(せんそく)以外の変形を矯正していきます。従来では、ギプスの後に装具へと移行しますが、Ponseti法は、尖足の矯正は難しいことが多く、アキレス腱に対し簡単な外科手術を行い尖足を矯正、さらにギプス固定でアキレス腱を安定させます。その後、内反足の再発を防ぎ、矯正をより確実にするため装具を装着します。病態にもよりますが、3か月程度は終日の装着で、それ以降は夜間と日中の決められた時間のみの装着となります。なお、保存治療やアキレス腱皮下切腱術で十分な矯正が見られない場合、再発した場合などに別途外科的手術を要する場合もあります。

内反足の治療はいつまで続くのか

個人差はありますが、概ね4~5歳程度までの積極的な治療が終了した後、定期的な診察により、成長にともなう異常や再発などが無いかを観察します。以降に再び変形などが見られる場合は、症状に応じて再び矯正や外科的治療を行うこともあります。治療における第一の目標は、足を地面につけて歩くことができるという点です。

治療後の状態と再発について

治療によって矯正の効果が得られた場合に歩くことはできるのか、再発の可能性はあるのか解説します。

治療後と日常生活

治療によって変形した部分がしっかり矯正されれば、歩くことは可能で、日常生活に大きな支障はありません。状態がよければ、スポーツを行うこともできます。そのためにも早期より治療に専念することが大切です。

先天性内反足の再発

状態や治療経過にも左右されますが、少なからず内反足が再発してしまう可能性もあります。状態によっては手術が必要な場合もあるので、なんらかの異常を感じた場合は専門医に相談してください。

監修協力:あいち腰痛オペクリニック 河重 俊一郎