スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

へバーデン結節に対する手術にはどのようなものがあるの?

更新日:2018/06/20 公開日:2016/11/17

ヘバーデン結節の治療

へバーデン結節の治療には、外科的な切除を行わずに自らの治癒力を高めていく保存的治療と、切除を行う手術的治療があります。ここでは、ヘバーデン結節の手術的治療についてドクター監修の記事で解説します。

ヘバーデン結節で手術が行われることはまれですが、感染のおそれがある場合や、ものをつかむ動作が困難なときなどに検討されることがあります。ヘバーデン結節の手術について詳しく見てみましょう。

ヘバーデン結節の治療方法

治療方法には、外科的な切除を行わずに自らの治癒力を高めていく保存的治療と、切除を行う手術的治療があります。ヘバーデン結節において、多くは保存的治療が行われますが、粘液嚢腫が大きく感染の危険がある場合や、亜脱臼があり摘み動作に障害がある場合、変形の矯正を強く望む場合には手術的療法が行われます。

ヘバーデン結節で行われる手術の種類

ヘバーデン結節では以下のような手術が行われます。

関節固定術

指関節の周囲にできた骨棘(こつきょく、骨のとげのこと)を削り、指先の二本の骨(末節骨と中節骨)に穴を開け、ワイヤーを通して関節を固定する方法です。固定によって第一関節は動かなくなりますが、痛みはとれ、見た目もきれいになります。生活が不自由になることもありません。

関節形成術

関節の一部や骨棘を削ったり、変形した骨を切除したりして形を整える方法です。これにより機能や見た目を回復させます。

人工関節置換術

骨棘ができたり、損傷したりした関節を部分的に切除し、人工指関節に置き換える方法です。

ミューカスシストの切除

第一関節の上にできたミューカスシスト(粘液嚢腫)を切除し、周りの皮膚で傷口を覆う方法です。

手術後の注意点

ある指を手術したあとに、違う指にヘバーデン結節が起こることがあります。指は日常生活に必要不可欠ですが、指にかかる負担をいかに軽くするか、生活そのものを見直す必要があるかもしれません。

今すぐ読みたい