スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

腹痛になる?枝豆の食べ過ぎに注意

更新日:2016/12/19 公開日:2016/12/09

枝豆の基礎知識

枝豆は、手軽に食べられて、栄養も豊富に含まれているため、たくさん摂取したい食材ですが、食べ過ぎは身体によくありません。管理栄養士の監修のもと、枝豆を食べるときの注意点について詳しく解説します。

おつまみに枝豆を食べる人も多いことと思います。しかし、食べ過ぎると腹痛になったり、塩分の摂りすぎになったりすることもあるようです。食べるときは適量を心掛けましょう。

枝豆の栄養素について

枝豆には、タンパク質、脂質といった身体に欠かせない栄養素の他、ビタミン類、イソフラボン、鉄分などさまざまな栄養素が含まれており、健康維持に役立つ食材として注目されています。

枝豆を食べ過ぎるとどうなる?

お腹がゆるくなる

枝豆には、食物繊維が多く含まれているため、体調や人によっては食べ過ぎると消化不良を起こして腹痛やお腹がゆるくなる恐れがあります。

塩分過多になる

塩ゆでした枝豆を食べ過ぎると、塩分過多の恐れがあります。塩分の摂り過ぎは、高血圧をはじめとした生活習慣病を引き起こすリスクを高めるので注意してください。塩分を控えた薄味を心がけましょう。

枝豆を制限したほうがよい場合

健康によい枝豆でも、体調によっては摂取を制限した方がよい場合があります。

大豆アレルギーの場合

大豆アレルギーの人は、枝豆の摂取は控えましょう。色や形は違っても枝豆は大豆です。大豆アレルギーは、学童期までには改善することが多いともいわれていますが、個人差もあります。食べる際には、必ず医師にご相談ください。

枝豆は手軽に入手でき、期待できる健康効果もとても大きな野菜です。しかし、食す際には注意点もあるということを念頭に入れ、日々の生活に枝豆を上手にとり入れていきましょう。

ヘルスケア本