スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

夢遊病の症状、原因、治療法とは

更新日:2016/12/15 公開日:2016/12/01

夢遊病

夢遊病(睡眠時遊行症)は、脳が眠っているのに身体が動いてしまう睡眠障害で、子供に多い障害の1つです。夢遊病の症状や原因、治療法、症状が出ているときに周囲の人が気をつけることなど、ドクターの監修のもと、詳しく解説します。

睡眠障害の中でも、寝ている間に異常な行動をとってしまうことを睡眠時随伴症といい、夢遊病もその1つです。ここでは、夢遊病の具体的な症状や原因、治療法などを解説していきます。

夢遊病とはどのような病気

夢遊病は、睡眠時遊行症とも呼ばれ、眠ったまま歩き回ってしまう睡眠障害です。4~8歳くらいに発症することが多く、特に男児に見られやすい傾向があります。

夢遊病の症状とは

夢遊病になると、睡眠中にベッドから抜け出して歩き回るなど、行動をとったあとに再びベッドに戻って眠りにつきます。しかし、本人は、自分が歩き回っていたことを全く覚えていません。また、歩き回る以外にも、ドアの開け閉め、着替え、食事や入浴など、さまざまな行動をとりますが、日常生活で行う範囲内に限られており、暴力的になるようなことはありません。周囲の人からは、しっかり意識があるように見えますが、寝ぼけているため、声をかけてもぼんやりしています。

ストレスが関係していることも

夢遊病の原因は、はっきりとはわかっていませんが、子供の場合、日中のストレスや興奮、疲労、睡眠のリズムの乱れ、発熱、一部の喘息の薬などが症状を悪化させる要因になるといわれています。また、大人になってから発症した場合は、閉塞性睡眠時無呼吸、てんかん夜間発作が原因といわれています。特に高齢者の場合は、認知症の初期症状など、他の病気が関係しているケースもあるようです。

夢遊病の治療法とは

子供の夢遊病は、思春期頃には自然に治まることが多いため、特に治療の必要はありません。しかし、子供で症状が重い場合や、大人の夢遊病については、抗うつ剤を使った薬物療法が検討されることがあります。この薬は、夢遊病の症状を確実に抑えられる薬というわけではありませんが、有効なケースもあるようです。

症状が出たときの対処法

夢遊病の症状が現れているときに、目覚めさせるのは困難です。無理やり起こそうとせず、やさしくベッドまで連れて戻りましょう。また、歩き回っているときにできるだけケガをしないように、行動範囲につまずきそうな物や壊れやすい物を置かないように注意しましょう。

今すぐ読みたい