スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

脊椎関節炎の症状と原因について

更新日:2016/12/15 公開日:2016/12/05

関節炎の基礎知識

脊椎や仙腸関節といった体軸関節や末梢の関節に炎症を生じる病気を、総称して脊椎関節炎といいます。いくつかの特徴的な症状や共通点を持つ脊椎関節炎に関して、ドクター監修のもと、症状や原因などについて解説します。

脊椎関節炎とは、強直性脊椎炎、反応性関節炎、乾癬(かんせん)性関節炎、仙腸関節炎など、脊椎や仙腸関節といった体軸関節や末梢の関節に炎症を生じる病気の総称です。共通して見られる特徴など、脊椎関節炎について詳しく解説します。

主な脊椎関節炎の症状

強直性脊椎炎、反応性関節炎、乾癬性関節炎などを総称して、脊椎関節炎といいます。共通して見られる症状に、背中の痛みや眼の炎症(ぶどう膜炎)、胃腸の症状、発疹があります。主な脊椎関節炎について、その他の特徴的な症状を見ていきましょう。

強直性脊椎炎の症状

脊椎や大きな関節に炎症が生じ、関節の痛み、背中のこわばり、眼の炎症(ぶどう膜炎)がよく見られます。軽度から中等度の炎症と無症状の時期をくり返すのが特徴です。もっともよく現れるのは背中の痛みで、それにともない、食欲減退、微熱、体重減少、疲労、貧血などの全身症状も現れます。腰痛やそれにともなう筋けいれんは、前屈すると和らぎやすいため、前屈姿勢が固定してしまう人もよく見られます。まれに、股関節、ひざ関節、肩関節などの大きな関節から痛みが始まる場合もあります。

反応性関節炎の症状

ライター症候群とも呼ばれ、関節や関節の腱付着部に炎症を生じ、軽度または重度の痛みと炎症が起こります。特にひざ関節、足指の関節、かかとなどの腱が骨に付着した領域といった、いくつかの関節で同時に発症するのが一般的です。重症化すると、背中の痛みが見られるようになります。泌尿生殖器や消化菅の関節痛と感染に反応して炎症が起こることが多く、感染後、約7~14日で尿道の炎症が生じます。また、結膜が赤くなって炎症を起こし、かゆみや灼熱感、光に対する過敏、過剰に涙が出るなどの症状が見られます。全身症状としては、微熱、過度の疲労があります。ほとんどの場合、最初の症状は3~4か月で見られなくなりますが、最大50%の割合で関節炎やその他の症状が数年間にわたって再発する可能性があるため、経過を観察する必要があります。症状の持続や再発をくり返していると、関節や脊椎が変形し、恒久的な機能障害になる場合があります。

乾癬性関節炎の症状

乾癬の特徴的な症状である赤い発疹と、その上の白い角質細胞が増加し、ポロポロとはがれ落ちる状態が先行して現れ、関節に炎症が生じ、腫れと痛みが生じます。股関節、ひざ関節、脊椎などで症状が見られることもありますが、多くの場合、手指や足指の先端にもっとも近い関節に現れやすいです。1本の指全体がソーセージのように腫れ上がる指炎のように、炎症が慢性化すると、関節が腫れて変形してしまいます。乾癬性関節炎について、詳しくは『手指や足指に起こりやすい乾癬性関節炎とは?』をご覧ください。

脊椎関節炎の原因

明確な原因はわかっていませんが、ある特定の遺伝子型(HLA-B27)と強く関連しているといわれています。関節リウマチと似ているものの、血液検査ではリウマチ因子が認められません。また、関節リウマチと違い、好発年齢は40歳以下で、45歳以上で発症することはまれです。

主な脊椎関節炎の診断と治療法

強直性脊椎炎、反応性関節炎、乾癬性関節炎などの総称である脊椎関節炎は、それぞれ症状に合わせて診断と治療法が選択されます。

強直性脊椎炎の診断と治療法

症状のパターンと、脊椎や発症した関節のX線検査をもとに診断をします。X線画像では、仙腸関節にびらんや骨橋が認められます。また、赤血球沈降速度(ESR)を測定する検査で、値が高くなる傾向があり、炎症が起きていることを確認できます。治療は、背中や関節の痛みの軽減、関節の可動域の維持、その他の器官の障害の防止、脊椎の変形の防止や改善などを目標に行われます。痛みと炎症を軽減する非ステロイド性抗炎症薬が用いられるのが一般的です。関節の痛みの軽減にはスルファサラジンやメトトレキサート、背中の痛みと炎症の軽減には腫瘍壊死因子(TNF)阻害薬であるエタネルセプト、アダリムマブ、インフリキシマブなども用いられます。眼の炎症の短期治療には、コルチコステロイド点眼薬が効果的です。また、適切な姿勢の維持や背筋の強化のために、ストレッチなど適度な運動を長期的に行います。股関節やひざ関節にびらんが生じたり、変形が生じてしまった場合は、人工関節に置換する手術が行われます。

反応性関節炎の診断と治療法

関節症状と感染症が合併している場合、特に生殖器、泌尿器、皮膚、眼の症状があれば、反応性関節炎を疑います。感染症が先行して現れるなど、これらの症状は同時に現れることがないため、数か月間、診断がつかない場合があります。診断を特定できる簡単な検査はなく、関節の状態を評価するためにX線検査が行われます。関節リウマチを除外するために血液検査を行うなど、似ている他の病気を除外するため、いくつかの検査を行うことがあります。生殖器や尿路の症状が認められる場合、感染症を治療するために抗生物質を投与します。関節の痛みと炎症の軽減には、非ステロイド性抗炎症薬を用いるのが一般的ですが、免疫系を抑制する薬剤が使用される場合もあります。また、回復期の関節可動性を維持するために、理学療法が行われます。

乾癬性関節炎の診断と治療法

すでに乾癬と診断されている場合は、乾癬性関節炎の診断も比較的容易です。一般的に、乾癬は皮疹の形や大きさ、性質などで診断されます。乾癬に気づいていない、もしくは乾癬の症状が出ていない場合は、病理検査が行われます。治療法としては、皮疹を抑え、炎症を軽減するため、非ステロイド性抗炎症薬(NSAID)、メトトレキサート、シクロスポリン、腫瘍壊死因子(TNF)阻害薬などの薬剤を投与します。乾癬性関節炎について、詳しくは『手指や足指に起こりやすい乾癬性関節炎とは?』をご覧ください。

今すぐ読みたい