スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

意識消失時の転倒やケガに要注意!神経調節性失神とは

更新日:2016/12/19 公開日:2016/12/08

失神の基礎知識

神経調節性失神とは、その名の通り、神経の調節がうまくいかないことによって起きる失神のことを指します。ここでは、ドクター監修の記事で、神経調節性失神の原因や治療について詳しく解説します。

神経調節性失神は、一般には脳貧血といわれることも多く、血液の異常である貧血が原因であると勘違いされることも多いですが、全く違います。血液に問題があるのではなく、神経、特にこの場合は、自律神経の調節機能がうまく働かないことによって、一時的に脳の血流が低下し引き起こされる意識消失発作のことを意味します。失神の中でも前兆が見られることが多く、転倒によるケガ以外は後遺症も少なく、失神している時間も1分以内と短いことが多いです。人によっては失神をくり返すこともあるので、適切な診断により日常生活を改善し、失神を予防することが大切です。本記事では、ドクター監修のもと、神経調節性失神について詳しく解説します。

神経調節性失神とは

神経調節性失神とは、血管迷走神経性失神、状況失神、頸動脈洞失神の総称です。それぞれのタイプにより、失神を引き起こす刺激の種類が異なるため、原因をしっかりと把握することが大切です。

血管迷走神経性失神

血管迷走神経性失神は強いストレスや、運動直後、長時間同じ姿勢でいることなどが原因で引き起こされる失神です。失神の原因のうち、約20%が血管迷走神経性失神とされています。迷走神経反射性失神について、詳しくは『反射性失神の1つである血管迷走神経性失神とは』の記事も参考にしてください。

状況失神

状況失神とは、特定の状況や日常動作によって引き起こされる失神です。排尿や排便、食べ物を飲みこむ、咳などによって引き起こされることがあります。

頸動脈洞失神

頸動脈洞失神とは、のど仏の左右にある頚動脈洞という首筋の奥歯の下あたりへの刺激が原因で迷走神経が過剰に反応し、血圧低下や徐脈をきたし、失神に至るタイプです。立ったり座ったりしているとき、もしくは歩行時に生じやすい失神で、着替えや運転、頭や首を回したり伸ばす動作や、ネクタイ・襟などにより頸部が圧迫されることが誘因となります。中高年の男性に多く見られ、高血圧や冠動脈疾患を合併するケースも多いとされています。

神経調節性失神の診断と治療法

神経調節性失神は、前兆となるような自覚症状が見られます。また、ある特定の動作や生活習慣が誘因となっていることが、ていねいな病歴聴取で明らかになることが多いとされています。病院での診察を受ける際は、医師をはじめとした医療者に、失神を起こした前後の状況などを詳しく説明できると、それが確定診断や適切な治療介入への近道となります。

神経調節性失神の診断

神経調節性失神の診断には、前述のとおり、ていねいな病歴聴取が基本です。そのうえで、血管迷走神経性失神が疑われる場合は、チルト試験(head-up tilt test)を行うことがあります。チルト試験は施設によって細かな様式はさまざまで、統一されたプロトコールはありませんが、一口でいうと、起立負荷試験です。これに薬物負荷を加える場合もあります。これらの負荷によって悪心、嘔吐、眼前暗黒、めまいなどの失神の前駆症状や、血圧低下、徐脈などが出ないかどうかを確かめます。状況失神も詳細な病歴聴取が診断の基本ですが、確定しきれない場合、実際に失神を起こすような状況を再現して誘発試験を行うこともあります。頚動脈洞症候群は、血管迷走神経性失神との鑑別が難しいことが多いですが、その場合は頚動脈洞マッサージを行い、発作の誘発を試みる場合もあります。また、最近ではあらゆる検査を施行しても、原因不明の失神の診断のため、植え込み型ループレコーダーという、小型の体内植え込み型心電計を用いる場合もあります。

神経調節性失神の治療

神経調節性失神のいずれのタイプの場合も、失神を起こした状況をしっかり把握することで、失神の原因や誘因が明らかになれば、それらの原因や誘因を除去・回避することが治療の第一歩となります。一般的には生命予後は良好とされ、命にかかわるような事態にまで至ることは少ないとされていますが、原因や誘因を除去・回避するような生活改善・習慣改善対策を行っても失神発作をくり返す例や、外傷の危険性が高い例は、薬物治療や人工ペースメーカー移植が考慮される場合もあります。

失神が起きた場合の対処法

神経調節性失神が起きた場合には、安静にしていることで意識や症状は短時間で回復します。一般的に、血管迷走神経性失神自体によって、生死に関わるような重篤な状態にまで至ることはきわめてまれです。ただ、失神がきっかけとなって副次的に交通事故や外傷などの原因になる可能性はあります。前兆としてめまいやふらつきが見られることもあるので、前兆を感じたら、ただちに座ったり横になったりして身体を休めましょう。車の運転などをされている場合は、可能な限りすみやかに路肩などに車を停車し、休みましょう。