スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

赤ちゃんみたいな綺麗なお尻を保つ方法

更新日:2017/12/13 公開日:2017/02/26

顔のスキンケアには力を入れている人でも、お尻のスキンケアは怠りがちかもしれません。お尻のケアを怠ると、お尻ニキビの原因となる場合があります。ここでは、すべすべで綺麗なお尻を保つ方法を解説していきます。

お尻の肌荒れの原因

下着の摩擦などの外的要因

お尻の肌トラブルと言えば、ザラザラやブツブツが代表的で、主な原因は外的要因による皮膚への刺激や皮脂の過剰分泌です。これにより、角質層が厚くなり、毛穴が詰まることでお尻の肌トラブルが生じてきます。

お尻の肌荒れは、人の他の肌質層と同じく、乾燥することで過角化してしまいます。また、お尻はトイレやお風呂場、椅子に座るなどと絶えず刺激を受けており、他の部位と比べムレやすく摩擦の影響を受けやすいと言えます。

そして、普段履いている下着についても、ものによっては摩擦の影響を助長してしまったり、素材が皮膚に合わず、かぶれや炎症といった肌トラブルの原因になることがあります。

ターンオーバーの乱れなどの内的要因

お尻の肌荒れは外的要因だけではありません。「肌は内臓の鏡」といわれ、食生活で栄養バランスが乱れると、肌荒れや乾燥といった症状として皮膚表面に現れます。肌のターンオーバーは、日頃の食生活や不規則な生活を送ることでバランスが崩れ、肌トラブルの原因に関係します。糖分、油分を多く含んだ食べ物の摂りすぎは肌のターンオーバーを乱し、またスパイスや辛い刺激物の入った食べ物は体温を上げ、お尻のムレやかゆみなどを生じさせる場合もあります。

お尻の肌荒れを改善する方法

お尻は、日常生活を送るうえで絶えず、何か(下着や椅子など)と接している機会が多い部位です。ですから、適切なケアを行うことが大切なのです。

綺麗なお尻をキープする肌荒れ防止法

綺麗なお尻をキープする肌荒れ防止法について見ていきましょう。

入浴時のポイント

お尻を洗うときは、強い刺激を与えず、石けんを泡立てるようにやさしく丁寧に洗うよう心がけましょう。

お風呂上がりには、肌の乾燥を防ぐためにも、コラーゲン、ヒアルロン酸といった美容成分が配合されているクリームなどで肌の保湿を行ないましょう。また、お尻に直接ふれる下着に関しても、通気性がよく、蒸れにくい綿や天然素材のものを着用するとよいでしょう。

食生活でのポイント

タンパク質やビタミンが不足すると、肌のターンオーバーの乱れの原因となり、ニキビや肌荒れといった症状をまねく原因となります。そのため、肉や魚、乳製品に含まれるタンパク質やピーマン、ブロッコリーなどの緑黄色野菜、フルーツに含まれるビタミンを積極的に摂るようにしましょう。

塩分、油分、糖分が入った食べ物を過剰に摂取することは控え、偏食せずに栄養バランスのとれた食事を心がけるのが一番です。

日常生活でのポイント

適度な運動を心がけ、心身ともにリラックスできる時間をつくり、ストレスが溜まりにくい環境づくりをしていきましょう。自分にとって、リラックスできる趣味を見つけ、楽しむのもおすすめです。

また、睡眠をしっかりととれるように夜ふかしをしない、生活習慣を整えるなど一日起きてから寝るまで、健康的な生活を習慣化することで、肌の新陳代謝を促し、綺麗なお尻を保つことにつながります。

今すぐ読みたい

注目情報

振り返りやまとめ読みに便利。クリップで記事を保存!

クリップ機能を使用するには、会員登録(無料)が必要になります。

会員サービスで利用できる便利な機能

無料登録してこの記事をクリップ

登録済みの方はログイン

カテゴリー