スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

インフルエンザを正しい方法で予防しよう!

更新日:2017/01/31 公開日:2017/01/31

インフルエンザの予防について

毎年、冬になると猛威を振るうインフルエンザは、ウイルスが体内に入って感染することによって発症する病気です。インフルエンザが感染する原因から流行時期、予防法までを、ドクター監修の記事で解説します。

冬になるとインフルエンザが流行し、感染・発症すると重篤な症状を発症することがあります。本記事では、インフルエンザの感染経路や症状、ウイルスの種類、予防方法について解説します。

インフルエンザとは

インフルエンザは、インフルエンザウイルスに感染することによって発症する病気です。普通の風邪とは違い、突然の高熱、頭痛、筋肉痛、関節痛といった症状が全身に強く現れるのが特徴です。のどの痛みや鼻汁、咳などの症状もあわせて見られ、気管支炎、肺炎、子供では中耳炎や熱性けいれんなどを併発して、重症化することもあります。

インフルエンザの原因

インフルエンザウイルスは、外部と接触することによって感染します。その感染経路は、主に3つ考えられます。

接触感染

患者の手や指に直接触れることで感染する経路。学校や職場、サークル仲間、家族などの間で起こりやすい感染です。

飛沫感染

患者の咳、くしゃみ、唾液などを通して感染する経路。咳1回でウイルスがおよそ100万個飛散します。物理的に近くにいる人が吸い込みやすいので、家族の間で起こりやすい感染です。

飛沫核感染(空気感染)

咳などで飛沫した粒子が空気の乾燥により小さくなり、空気中に長時間浮遊することで感染に至る経路。乗り物の車内や建物施設内、病院内など、閉鎖された空間にいる人同士で起こる感染です。

インフルエンザの症状

インフルエンザに感染すると体内でウイルスの増殖が起こり、同時に38~40度の高熱を発症します。熱は2~3日続き、その間、頭痛や悪寒、倦怠感、背中や関節、手足の痛みなど、全身に重い症状が現れます。熱が下がると動き回れるようになりますが、咳、鼻水、くしゃみといった症状が引き続き現れ、増殖したウイルスを撒き散らします。

インフルエンザの種類

インフルエンザウイルスは、A型、B型、C型の3つに分けられます。これまで流行したのは、このうちA型とB型の中の種類のものです。

A型インフルエンザウイルス

A型インフルエンザウイルスは144種類あり、その中でこれまで流行した型は、A/H3N2(香港型)と、A/H1N1(ソ連型)の2種類です。これらのウイルスは毎年小さな変化を起こしています。

B型インフルエンザウイルス

B型インフルエンザウイルスは、山形型とビクトリア型の2種類が存在します。A型と同様に、それぞれがその中でさらに細かく分かれています。

インフルエンザは、1~3つのタイプのウイルスが同時に流行ることがあるため、予防接種をしているにもかかわらず感染・発症したり、1シーズンに2度(A型とB型)罹ったり、同じA型に2回(香港型とソ連型)罹ったりといったことが起こります。

インフルエンザの予防

インフルエンザを予防するには、12月~3月の流行時期に大勢の人と接触しないようにし、ウイルスを体内に入れないようにすることが大切です。また、ウイルスが体内に侵入した後、ウイルスへの抵抗力をつけておくことも必要です。

日常生活

栄養バランスのよい食事を心がけ、睡眠時間を十分に取るようにします。空気が乾燥する時期なので、部屋を加湿し、咽頭粘膜の防御機能の低下を防ぎます。また、衣類などは洗濯したらなるべく日向で乾かしましょう。

外出について

マスクを着用し、帰宅後は手洗いとうがいを行いましょう。手洗いは石けんを使って指の間や爪の中、手首までしっかりと洗います。うがいは、はじめは口の中をブクブクとゆすぎます。その後、水を取りかえてのどの奥をガラガラと15秒ほどうがいします。これを数回くり返します。

インフルエンザの情報

インフルエンザは感染力が強く、特に抵抗力が弱い子供やお年寄りは重症化しやすく、生命に危険をおよぼすこともある病気です。そのため、厚生労働省をはじめ、各市町村が年間を通して流行情報を発信して警戒を促しています。こういった情報をチェックすることで、流行時期や流行のウイルスの型などを判断し、予防接種を早めに受けるなど、自衛することも大切です。

ヘルスケア本