スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

おたふく風邪の初期症状について

更新日:2018/05/25 公開日:2017/04/01

おたふく風邪(流行性耳下腺炎)の基礎知識

おたふく風邪(流行性耳下腺炎)は、通常の風邪と同じような症状をともなうため、初期の段階で判断するのは難しいかもしれません。おたふく風邪の初期症状や原因、間違えやすい病気ついて、ドクター監修の記事で解説します。

おたふく風邪(流行性耳下腺炎)は主に子供に多く見られますが、大人にも感染します。発熱や悪寒などをともなうため、初期症状だけでは判断しにくく、類似する病気も存在します。ここでは、おたふく風邪の具体的な初期症状や、原因などについて詳しく解説します。

おたふく風邪の原因

おたふく風邪は、ムンプスウイルスに感染することが原因で発症します。ムンプスウイルスは、耳下腺、顎下腺、舌下腺の部分に炎症をおこすことで、耳のまわりや耳の下、あごの部分が腫れ、痛みを発症します。

おたふく風邪の初期症状について

おたふく風邪の初期症状は、個人差はあるものの、発熱や筋肉痛など、風邪をひいたときに感じる症状とほとんど変わりありません。

特徴的な症状は耳の下の腫れ(耳下腺炎症)

片耳、もしくは両耳のいずれかの周辺や付け根からあごにかけての部分が腫れます。腫れの大きさはそれぞれ異なりますが、左右が同様に腫れる場合と片方ずつ腫れる場合があります。

口を開けたときや、食事でものを噛むときなどに強い痛みを感じることがあります。

間違えやすい病気について

おたふく風邪の症状と類似している病気があるので、注意が必要です。

急性化膿性耳下腺炎

おたふく風邪は痛みや腫れはあっても赤く腫れることありませんが、急性化膿性耳下腺炎は耳下腺部分である、耳の周辺が赤く腫れ上がっていることが多く、患部を押さたときに痛みがあります。また、通常は片方のみの耳下腺に症状が見られます。

反復性耳下腺炎

おたふく風邪は耳下腺の腫れが徐々に強くなり、耳下腺だけではなくあごの下部分も腫れますが、反復性耳下腺炎は耳下腺の腫れが急に起こります。翌日、もしくは、2~3日すると徐々に腫れが小さくなっていく傾向があります。また、発熱をともなわない場合がほとんどのケースでみられます。

今すぐ読みたい