スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

本態性高血圧とは

更新日:2017/04/01 公開日:2017/04/01

高血圧の種類と対処法

本態性高血圧は、血圧が上昇する原因がはっきり特定できない高血圧で、日本人の高血圧患者の約9割を占めます。ここでは、本態性高血圧の症状や原因、治療法などについて、ドクター監修のもと解説します。

高血圧には、本態性高血圧(一次性高血圧)と二次性高血圧の2種類がありますが、日本人の高血圧患者の大半を占めるのは本態性高血圧です。

高血圧とは

血圧には、心臓が収縮して血液を送り出すときの収縮期血圧(上の血圧)と、心臓が拡張して全身をめぐった血液が再び心臓に戻るときの拡張期血圧(下の血圧)があります。

高血圧とは、これらのどちらかが基準値を超えて高くなっている状態のことで、日本高血圧学会の「高血圧治療ガイドライン2014」では、医療施設で測定した血圧の収縮期血圧が140mmHg以上、もしくは拡張期血圧が90mmHg以上を高血圧としています。また、血圧は家庭で測定すると、医療施設で測定するよりも心身がリラックスして血圧が低くなる傾向があるため、家庭で測定した場合は、収縮期血圧が135mmHg以上、もしくは拡張期血圧が80mmHg以上だと高血圧になります。

本態性高血圧(一次性高血圧)とは

高血圧には、本態性高血圧(一次性高血圧)と二次性高血圧の2種類に分類できます。本態性高血圧は、さまざまな検査をしても原因が特定できない高血圧で、日本人の高血圧患者の約90%を占めます。一方、二次性高血圧は、他の病気や薬の副作用など、特定の原因で起こる高血圧です。

症状

本態性高血圧になっても、自覚症状はほとんどありません。しかし、血圧が高い状態が続いたことで心臓に負担がかかったり、動脈硬化が進行してさまざまな臓器に合併症が生じたりすると、頭痛やめまい、しびれ、耳鳴り、動悸、息切れ、胸の痛み、むくみ、肩こりなどの症状が現れることがあります。

ただし、これらの症状は、他の病気でも見られる症状です。また、高血圧になれば、こうした症状が必ず現れるというわけでもないので、高血圧になっているかどうかは、自覚症状の有無からではなく、血圧を測定して判断することが重要です。

原因

本態性高血圧は、遺伝的に高血圧になりやすい体質や、塩分やアルコールの過剰摂取、肥満、過剰なストレス、運動不足、喫煙などといった生活習慣が複雑に絡み合って発症すると考えられています。特に、塩分やアルコールの過剰摂取は血圧を上昇させやすいので、食生活の面での注意が必要です。

治療法

本態性高血圧には、長年積み重ねてきた生活習慣が大きく影響しているので、その治療は、食生活や運動習慣といった生活習慣の改善が基本となります。

食生活…食塩の摂取量を減らす、摂取エネルギーを適正にして肥満を改善する、塩分の排泄を促すカリウムを多く含む食品を積極的に摂る、コレステロールや不飽和脂肪酸を多く含む動物性脂肪を控えめにするなど。

運動習慣…ウォーキングや水泳、サイクリングなど、有酸素運動を1日30分以上行う習慣を持つ。

ただし、生活習慣の改善を一定期間続けても血圧が下がらない場合や、血圧が非常に高くて糖尿病や腎障害などを合併している場合は、血圧を下げる降圧薬を用いた薬物療法も併用されます。

ヘルスケア本