スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

胃薬の正しい飲み方と注意点

更新日:2017/01/31 公開日:2017/01/31

胃痛の原因と症状、対処法

胃の痛みを感じたとき、自宅の常備薬を飲んで対処する人は多いようですが、症状によって適切な薬は異なります。ここでは、ドクター監修の記事で、胃痛時に効果的な胃薬の種類と注意点について解説します。

胃痛改善のための薬は、胃腸薬と総称されています。すべての症状に効くとされる総合薬も販売されるようになりましたが、その症状に応じた薬を服用するとより効果的です。代表的な胃薬の種類とその特徴を見てみましょう。

胃痛改善のための薬の種類と特徴

胃酸分泌抑制薬

プロトンポンプ阻害薬とH2受容体拮抗薬(H2ブロッカー)があります。プロトンポンプ阻害薬は胃のプロトンポンプに作用し胃酸の分泌を抑制します。H2受容体拮抗薬は、胃粘膜細胞のタンパク質の一種ヒスタミンH2受容体に拮抗して働き、胃酸の分泌を抑制します。両者とも胃痛をはじめ、胃のもたれ、むかつき、胸やけに効果があります。一般にプロトンポンプ阻害薬はH2受容体拮抗薬よりも強力で、作用が長時間持続するといわれています。

制酸薬

胃酸を中和させる働きがあり、速効性で胃痛以外でも、二日酔いなどによる胃や胸の不快感にも効果があります。さらに、胃の粘膜の修復成分を含み、胃の防御機能を高めたタイプの薬もあります。

胃腸鎮痛鎮痙(ちんけい)薬

けいれんなど胃の活発な動きを抑えるための薬です。胃を落ち着かせるためには、副交感神経の働きを抑制することが必要ですが、副交感神経の伝達物質であるアセチルコリン受容体の反応を妨害する働きがあります。

消化酵素薬

炭水化物の消化を助けるタイプと、肉などに多く含まれる、タンパク質の消化を助けるタイプの薬剤があり、消化不良による胃や腹部の膨満感を除去する効果もあります。

また、上記以外に、胃粘膜の防御因子を増強する薬剤や、あらゆる胃痛、胃の不快感に効果があるとされる総合薬、自然由来の成分でできた漢方薬などもあります。

胃薬を服用する際の注意点

胃薬は服用する際の注意点がいくつかあります。まずは服用する量を守ることです。症状が治まらないからといって、必要以上の薬を大量に投与しても効果がないばかりか、思わぬ体調不良に陥ることも考えられます。同時に、服用のタイミングも重要です。薬によって、食前、食後、食間、就寝前に分別されていますが、痛みが起きたときだけ飲む頓服(とんぷく)という薬もあります。これらの薬に関する情報は、すべて薬の袋(市販薬の場合は外箱)に書かれています。薬を受け取った時点で必ず目を通しましょう。

薬の副作用にも注意しましょう。特に、胃腸鎮痛鎮痙剤に含まれる抗コリン成分には視力の調節障害を引き起こすことがあるため、車の運転や高所での作業前の服用は危険です。また、眼圧を高める効果もあるため、緑内障の悪化を招きます。さらに、尿が出にくくなる作用もあることから、前立腺肥大症の男性には処方を控えられています。

他にも、薬やサプリメントを服用している人は、胃痛薬との相性(飲み合わせ)の問題もあります。処方される前に、必ず医師や薬剤師へ現在服用している薬の種類を伝えましょう。

今すぐ読みたい