スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

関節痛の主な症状と原因、対処法について

更新日:2017/04/01 公開日:2017/04/01

関節痛・変形性膝関節症の基礎知識

体のあちこちの関節が痛くなる関節痛は、腫れなどの症状をともなう場合もあります。人によって症状や原因が異なるだけでなく、痛みを感じる部分もさまざまです。具体的な症状や原因、対処法についてドクター監修の記事で解説します。

関節痛は、体のあらゆる部位の関節に痛みが生じ、さまざまな症状を引き起こします。本記事では、関節痛の具体的な症状や、原因、対処の方法などについて詳しく解説します。

関節痛とは

関節痛とは、関節を構成している骨や関節軟骨、関節包、滑膜、骨膜、靭帯などの組織が、なんらかの原因により傷つけられ、その結果として痛みが生じる状態のことです。また、痛みだけにとどまらず、あらゆる症状が引き起こされます。

関節痛は、痛み自体、個人によって表現や感じ方も違いますが、原因となる病気によっても症状の出方や強さが異なります。

関節痛の症状について

関節痛の症状は、主に動作時に痛みを感じることから始まります。人によっては、腫れや赤みが生じることもあり、患部に熱を持つ場合もあります。

関節痛を起こしたときの症状

関節痛は、炎症性または、非炎症性に分類され、それぞれの種類によって症状が異なるのも特徴です。

まず、炎症性の場合、腫れや赤み、そして熱を感じることが多く、痛みがあり、動かすことで痛みが増します。

一方、非炎症性の場合は、普段あまり痛むことはなく、動かし過ぎると痛みを感じます。非炎症性における典型的な症状として、動き始めに痛みを感じ、安静にしておくことで痛みが軽減します。

場合によっては関節腫脹をともなうこともありますが、熱や赤みはほとんど発症しないのも特徴です。さらに、寒冷や湿度などの天候により悪化する場合や、朝のこわばりの有無など、発症の仕方における違いなども診断の基準にもなります。

関節痛を起こす病気について

関節痛を起こすとされる主な病気には、変形性関節症やリウマチ性疾患、膠原病、あるいは痛風などがあげられます。しかしながら、関節痛の症状だけでは病気の特定が難しい場合もあります。そのため、それぞれの病気にともなう他の症状や年齢、または性別などを踏まえ、あらゆる検査を行うことで、病気の種類を絞り込んでいきます。

関節痛の原因について

関節痛の原因には、病気の種類によってもさまざまです。多くは変形性関節症に伴うものが多いですが、急性に発症する炎症性関節炎は、慢性関節リウマチや細菌などに感染する化膿性関節炎や結核感染や真菌感染が原因でに引き起こされることもあります。

関節リウマチは、炎症性関節炎の代表ともいわれており、遺伝的要因と感染やストレスなどが原因であるとも考えられていますが、今のところ原因は不明です。また、膠原病の関節痛も同様に原因が不明であるものの、全身性エリテマトーデスでは日光によるものや、感染、寒冷、ストレスなどが発症のきっかけとなる場合もあります。さらに、リウマチ性疾患の多くは自己免疫のメカニズムによって引き起こされる可能性や、アレルギーなどの既往歴や遺伝などが原因となる場合も多いと考えられています。

関節痛の対処法について

ひざやその他の関節に痛みを感じた場合でも、人によっては数日で痛みが治まるケースもありますが、基本的にはなんらかの原因があることによって痛みが生じています。まずは、その痛みの原因を突き止め、適切な処置や治療を行うことが大切です。また、関節痛が長引いている、あるいは一度は治まったものの再発した場合においては、ただちに医療機関を受診するようにしましょう。

関節痛の予防法について

関節痛を発症させないためには、あらかじめ予防を行うことも大切です。

以下のような予防法を取り入れ、日頃から関節痛を防ぐように心がけましょう。

体重を減らす

肥満は関節痛を引き起こす原因にもなります。そのためには、体重を減らし健康的な体になることが大切です。たとえば、10kg体重を減らした場合、歩くだけで30kg、階段では50~70kgのひざへの負担が減るといわれています。しかし、急激な減量や無理に痩せることは危険です。バランスの良い食事を心がけるなど、あくまでも健康的な減量を行うようにしましょう。

ひざに負担がかからない程度の軽い運動をする

水中ウォーキングや30分以内のウォーキングやストレッチなど、ひざに負担のかからないような軽い運動もおすすめです。激しい運動はひざに負担がかかる場合もあるので、その場合は主治医に相談しながら運動を行うようにしましょう。

温めて血行を促進させる

体を冷やすことで、痛みが生じる場合があります。日頃から体を温めることに努め、サポーターなどを利用するのも効果的です。

ヒアルロン酸を利用する

痛みの程度によりますが、膝や肩の場合、ヒアルロン酸の注射をすることも痛みに対して有効です。グルコサミンなどの健康食品も賛否はありますが、効果を実感するようなら良いかもしれません。ですので、症状にもよるので、必ず主治医に相談しながら行うようにしましょう。