スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

関節痛の原因と予防方法について

更新日:2017/04/01 公開日:2017/04/01

関節痛・変形性膝関節症の基礎知識

つらい痛みをともなう関節痛は、その他にもあらゆる症状をともなうことが多いものです。体のさまざまな部位に発症するので、原因も人によって違いがあります。具体的な原因や予防法についてドクター監修の記事で解説します。

動くのもつらくなるほどの痛みを感じることもある関節痛の原因は、人によってさまざまです。本記事では、関節痛が引き起こされる原因と予防法について詳しく解説します。

関節痛とは

関節痛とは、関節を形成している組織が傷つき、痛みが生じることを言います。人によって違いがありますが、痛くなる頻度や、発症の仕方など、原因によっても異なるため、細かい症状や特徴などを診察し、詳細な検査を行うことで痛みの原因を特定していきます。

関節痛の原因について

関節痛は、主に年齢とともに関節軟骨が変性し、筋力が衰え、関節の負担が増加することで引き起こされます。比較的女性に多くみられ、加齢や肥満、遺伝やストレスなど様々な要因が関与しています。他にも、慢性関節リウマチや膠原病、細菌や微生物に感染した場合で引き起こされることもあります。

しかし、関節痛が生じる病気の中には、実際には原因不明の場合もあります。

関節痛の予防法について

関節痛を予防するには、日常生活を見直すことも大切です。

自分に合った予防法を取り入れながら、健康的な生活を心がけましょう。

肥満にならないようにする

肥満になると関節へかかる負担が増えるため、関節痛を引き起こすことがあります。常に体重を管理し、健康的な体を保つことが大切です。暴飲暴食は控え、必要な栄養素をバランスよく摂取するようにしましょう。また、ストレッチなどの軽い運動をとり入れることも効果的ですが、関節痛を引き起こした経験がある場合には、主治医に相談しながら行うようにしてください。

足の衝撃を軽減する靴を履く

膝にかかる体重の軸を改善する足底版(中敷き)や、足の衝撃を和らげる靴を履くことも、ひざへの負担を軽減させることにつながります。自分の足に合った靴を選ぶことが大切です。

温める

冷えが痛みを生じさせる場合もあるので、患部を温めることも大切です。ひざや足の関節の場合、サポーターや厚めの靴下を着用するなど、冷やさない工夫をするのも効果的です。

ヒアルロン酸注射をする

変形性膝関節症などで痛みの強い場合は、ヒアルロン酸やステロイドの注射をすることで、痛みを改善する効果が期待できます。主治医の指示に従って行うようにしましょう。