スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

歯周病の原因と治療方法とは

更新日:2017/01/31 公開日:2017/01/31

歯周病(歯槽膿漏・歯肉炎)の原因と症状

歯茎の腫れや出血といった症状が現れる歯周病は、進行すると歯を失うだけでなく、さまざまな全身疾患にも影響をおよぼす病気です。ここでは、歯周病の原因や治療方法についてドクター監修の記事で解説します。

歯周病は、35歳以上の80%がかかっているという罹患率の高い病気です。初期では症状がほとんど現れないため、いつの間にか進行し、ひどくなると歯が抜けたり、他の病気を引き起こしたりすることもあります。

歯周病とは

歯周病は、歯の周りの組織が細菌感染によって炎症を起こし、組織が破壊され、歯を支えている周りの骨(歯槽骨)が溶けてしまう病気です。

歯周病の原因

歯周病の原因は、歯周病の原因となる細菌です。口の中の細菌が歯と歯茎の間でプラーク(歯垢)というかたまりを形成しており、歯周病の原因菌はこの中で増殖します。歯周病の原因菌は毒素を持っており、この毒素が原因で歯茎の炎症や歯周組織の破壊が引き起こされます。口の中に歯周病の原因菌がいなければ、歯周病にはなりません。食器の共有やキスなどによって他者から感染する可能性があります。

歯周病の症状はどのように進行する?

歯周病は、初期の間はほとんど症状が現れません。中程度に進行してはじめて、歯茎の腫れや出血などが感じられるようになります。進行して歯槽骨までダメージが進むと、歯がグラグラするようになり、最終的には歯が抜けてしまいます。

歯周病の症状

以下のような症状がある場合、歯周病の可能性があります。複数該当する場合には、歯周病が進行している可能性がありますので、早めに医師に相談しましょう。

  • 歯茎に腫れやブヨブヨした箇所がみられる
  • 口臭が気になる
  • 歯が浮いたような感じや、グラグラする感じがする
  • 歯茎から血や膿が出る
  • 歯茎が痩せてきた、物がつまりやすくなった

歯周病の治療法はプラークの除去

歯周病の治療の基本は、口の中の歯周病の原因菌を減らすことです。プラークを形成しないように、日々のブラッシングを徹底するとともに、歯科医院でのクリーニングを行います。初期の場合は、歯茎の上についている歯石(縁上歯石)の除去と、新たなプラークが付着しないようにブラッシング指導が行われます。進行している場合には、歯茎の中についた歯石(縁下歯石)の除去を行いますが、歯槽骨の破壊が進んでいる場合には、外科手術などを併用します。ただし、治療によって進行を止めることはできますが、元の状態に回復することは困難です。そのため、症状がひどくなる前に予防することが大切になってきます。

あなたの悩み、歯科医に質問してみませんか?

関連Q&A

ヘルスケア本