スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

歯槽膿漏で起こる主な症状

更新日:2017/04/01 公開日:2017/04/01

歯周病(歯槽膿漏・歯肉炎)の原因と症状

歯槽膿漏は、歯茎から血や膿が出る状態をいい、歯周病の進行した状態を示すことが多いです。歯に動揺が現れ、放置しておくと歯が抜けてしまいます。ここでは、歯槽膿漏の症状について、ドクター監修の記事で解説します。

歯槽膿漏とは、細菌によって歯茎に炎症が起こり、歯を支える骨を溶かしてしまう歯周病のことです。特に歯周病のうち中等度や重度の歯周炎の状態のことを、一般的に歯槽膿漏という言葉で表します。

歯槽膿漏とは

歯槽膿漏とは、歯茎から血や膿が出るだけでなく、歯茎の退縮や歯を支える歯槽骨の吸収を引き起こし、最終的には歯が抜けてしまう歯周病のことです。特に歯周病の症状が進行した状態を歯槽膿漏と区別して呼ぶことがあります。歯周病は、初期のうちは目立った症状が現れず、気づいた時にはかなり進行していることもあります。細菌のかたまりであるプラークが歯周ポケットに蓄積することが原因です。

歯槽膿漏で現れる症状とは

歯槽膿漏は進行に応じてさまざまな症状が現れます。進行度別の症状は以下の通りです。

歯肉炎

初期の状態で、プラークや歯石の影響で歯肉に炎症が起こった状態をいいます。症状としては、歯茎が赤くなったり、歯磨きのときに出血したりする程度のものです。歯周ポケットは浅く、歯周組織にはまだ影響がありません。適切なプラークコントロールで回復できる状態です。

軽度歯周炎

症状は歯肉炎とほとんど変わらず、歯茎の腫れやブラッシング時の出血程度の症状しか現れません。しかし、歯周組織では歯周病菌の感染が起こっている状態で、組織の一部に破壊が始まっている状態を指します。歯周ポケットは3~4mm程度で、そのまま放置していると歯周炎が進行するので早期の治療が望まれます。

中等度歯周炎

歯肉の炎症が進み、歯茎の赤い腫れや退縮が目立つようになります。歯周組織ではすでに歯槽骨の吸収が始まっている状態で、歯が浮いている感じや、歯のぐらつきが感じられるようになります。自覚症状が現れ始めるのがこの時期です。歯周ポケットは4~6mmになっています。

重度歯周炎

歯を支える歯槽骨の吸収が歯根の長さの半分以上に進んだ状態です。歯のグラつきがひどくなり、噛むときに痛みが出て食事がしづらくなります。歯茎の腫れもひどくなり、膿が溜まり、強い口臭も発生し、歯周ポケットは7mm以上に達している状態です。歯茎の退縮により歯根部が露出するために、歯がしみるといった知覚過敏の症状をともなうことがあります。さらに歯槽骨の吸収が進むと、歯を支えることができなくなり、歯が左右だけでなく上下にも動くようになってしまいます。そして最終的には歯が抜け落ちてしまいます。

あなたの悩み、歯科医に質問してみませんか?

今すぐ読みたい

関連Q&A

ヘルスケア本