スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

歯周病を予防するためにできることとは?

更新日:2017/01/31 公開日:2017/01/31

歯周病(歯槽膿漏・歯肉炎)の予防と治療

歯周病の原因はプラーク(歯垢)に棲む歯周病の原因菌なので、プラークを減らすこと、身体の免疫力を高めることによって、十分に予防が可能です。歯周病の予防のために注意すべきことについて、ドクター監修の記事で解説します。

歯周病の治療は、あくまでも症状の進行を止める目的にすぎません。一度でも歯周組織にダメージを受けてしまうと、元の状態に回復させることはできないため、歯周病対策は予防がもっとも重要です。歯周病にならないためにはどのようなことに注意すればよいか、そのポイントをご紹介します。

歯周病は感染症の一種

歯周病は、歯周病の原因菌によって引き起こされる感染症です。歯周病の原因菌は、毒素によって歯茎や歯を支えている歯槽骨などの歯周組織を破壊します。進行すると歯を失う原因となるだけでなく、菌が血液に入ることにより、心臓疾患や脳卒中などといった重大な病気の原因となることもあります。

歯周病の原因はプラーク(歯垢)の付着

歯周病の直接原因は、プラーク(歯垢)です。プラークは細菌やその産生物から形成されますが、これが歯肉に付着し成長すると、歯肉が炎症を起こします。その状態が続くと、歯周ポケットが形成され、さらに歯周病菌が増殖しやすい環境が作られます。歯周ポケットで歯周病の原因菌が増殖すると、産生される毒素によって歯周組織の破壊が引き起こされます。

歯周病の原因菌に感染しないように注意

歯周病菌への感染の多くは、歯が生え始める幼少期までに、家族などを経由してすでに起こっています。しかし、大人になってからでも、唾液を通じて感染することがあるので注意が必要です。キスや回し飲み、食器の共用などが感染の原因となる可能性もあります。

歯周病を予防するには

歯周病の原因菌に感染しているからといって、必ず歯周病を発症するわけではありません。発症を予防するには、歯周病の原因菌の棲家であるプラークを減らすこと、および、歯周病になりやすい生活習慣を改善することが有効です。

プラークコントロールにより菌を減らす

プラークコントロールで大切なのは日々のセルフケアです。正しいブラッシングのテクニックを身につけるだけでなく、プラークの溜まりやすい歯間をフロスや歯間ブラシなどの補助清掃器具を使用してケアしましょう。また、定期的に歯科医院で歯周病の検査やクリーニングを行うとよいでしょう。

生活習慣を改善して発症を防ぐ

歯周病の発症には、身体の免疫力も関係してきます。糖尿病などの既往症や、喫煙やストレス、不規則な生活は、免疫力を低下させるため歯周病の発症リスクが高くなります。歯周病の予防のためにも、これらの習慣を改善しましょう。

あなたの悩み、歯科医に質問してみませんか?

関連Q&A

ヘルスケア本