スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

乳歯の生え変わりの時期に気をつけたいこと

更新日:2017/09/18 公開日:2016/12/27

子供の歯の基礎知識

子供の歯並びはできるかぎりキレイにしてあげたいという両親は多くいます。その為に、乳歯の時期に意識しておきたい事や、生え変わりの時期に注意すべきことなどをドクター監修の記事で解説します。

乳歯は一般的には生後6~8か月くらいの時期に最初の歯が生え始めます。個人差はかなりありますので多少の早い遅いは気にしなくでも大丈夫です。その後、乳歯は永久歯へと生え変わっていきます。その生え変わりの時期や乳歯の時期に注意点などきになるポイントを解説します。

乳歯が生え始めたら行うこと

口の中を触るようにする

乳歯が生え始めてきたら、なるべく口の中を触られることへの抵抗をなくすために口の周りを触ったり、歯茎を少し触ったりするようにしてください。そうする事で、歯磨きへの抵抗を少しでも減らすことに繋がります。

歯磨きを始める

個人差はありますが、最初は下の歯から生える事が多く、生後10か月頃から上の歯が生え始める子が多いようです。上の歯が生え始めた頃から少しずつで良いので歯磨きをするようにしてください。この時期の赤ちゃんの歯茎はとても柔らかく、傷つきやすいのであまりゴシゴシとこすらないように注意してください。1歳頃になると、奥歯が生え始めますので、この時期からは、大きく口を開けて奥歯の汚れまで落とすように歯磨きをしてあげてください。

乳歯が生えそろう時期

2歳半頃にだいたい全部の乳歯が生えそろうといわれています。これも個人差がありますが、3歳くらいには乳歯が生えそろった後に噛み合わせも完成する時期になります。乳歯は全部で20本生えます。この後は、永久歯に生え変わりが始まる時期までは、特に変化はない時期になります。

乳歯の虫歯に注意

乳歯が虫歯になってしまうと、その歯茎に虫歯菌が存在してしまい、その後生えてくる永久歯も虫歯になってしまう可能性があると言われています。そうすると歯並びにも影響してきますので、乳歯が虫歯にならないためにも、歯磨きは毎日おこなってください。

乳歯が生え変わる時期

乳歯から永久歯に生え変わる時期にも個人差はありますが、だいたい6歳くらいからになります。早いと5歳の間に生え変わり始める子もいます。一番初めの永久歯は、乳歯の一番奥の歯のさらに奥に生え始めます。この歯は、抜けた歯の後に生えるわけでもなく、一気に生えるわけでもなく、1~1年半くらいかけて徐々に生えるので、生え始めたことに気付かない事もあります。一番奥に生える歯なので虫歯にも注意が必要です。これくらいの年齢になると、奥歯の奥までしっかり歯磨きをする習慣をつけてあげてください。

乳歯が生え変わる順番

生え変わる順番は多くの子が、6歳頃に下の真ん中の歯から抜けて生え変わります。その後、7~8歳頃に上の前歯が抜けて永久歯に生え変わります。その後は8歳頃から、基本的には上の歯も下の歯も前から後ろに向かって順番に抜けて生え変わっていきます。上の歯は、前から順番に生え変わるのですが、前から3番目の歯を残して奥へと生え変わり、最後の方に前から3番目の歯が生え変わります。この時に生え変わるためのスペースがあれば歯並びにも影響なく真っすぐ生えてくるのですが、スペースが少ない場合に八重歯となって他の歯並びからずれて生えてしまう事があります。

乳歯が生え変わるときに気になること

基本的には乳歯は自然に抜けて、永久歯へと生え変わるのですが、なかには気になる事やトラブルが起こる事もあります。

乳歯がなかなか抜けない

乳歯がぐらぐらしているのになかなか抜けないという場合には、無理に抜かないようにしてください。無理に抜くと歯茎に傷をつけてしまう可能性があります。気になる場合は、小児歯科で抜いてもらいましょう。

抜けた場所から生えてこない

乳歯がぬけた後に、なかなか永久歯が生えてこなくて心配になる事もあります。生えてくるペースには個人差があり、すぐに生え始める事もあれば、生え始めるのに3か月ほどかかる事もあります。3か月以上経っても生えてくる気配がなければ、歯科でレントゲンを撮って確認してもらってください。

乳歯があるのに永久歯が生えてきた

乳歯がまだ抜けていないところから、永久歯が生えてきてしまう事もあります。乳歯がぐらぐらしていて今にも抜けそうな状態だったら、そのまま様子を見ているうちに抜ける事もあります。ぐらぐらもしていなくて抜ける気配もない乳歯の場合は、抜歯が必要な可能性がありますので、歯科で相談してください。

乳歯が抜けない

周りの同年代の子供が生え変わり始めているのに、乳歯が全く抜けそうにないという場合にも一度歯科に相談してみてください。ただ遅いだけという事もありますが、永久歯がないという事もあります。

生え変わりの時期に気をつけること

歯磨きをしっかりする

生え変わりの時期には、歯の間に溝ができて磨き残しができやすい時期ともいえます。磨き残しがあると、まだ生えきっていない永久歯も虫歯になってしまう可能性もありますので、歯の間の溝や隙間、乳歯が抜けた後の箇所にも食べかすが残らないよう、念入りに歯磨きをするようにしてください。

歯磨き粉はフッ素配合のものを

歯磨き粉はフッ素配合のものを使用し、虫歯を予防しましょう。また、歯磨きの後に口を何度もゆすぐとフッ素も流れてしまう恐れがあるので、口をゆすぐ回数は1~2回程度にしておく事がおすすめです。

乳歯から永久歯に生え変わる時期は、大人になってからの歯並びに影響のある時期ともいえます。特に虫歯には注意して、正しい歯磨き方法を身につけられるようにしてあげてください。

乳歯は一般的には生後6~8か月くらいの時期に最初の歯が生え始めます。個人差はかなりありますので多少の早い遅いは気にしなくでも大丈夫です。その後、乳歯は永久歯へと生え変わっていきます。その生え変わりの時期や乳歯の時期に注意点などきになるポイントを解説します。

関連Q&A

ヘルスケア本