スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

目の下のたるみ対策は総合的な身体のケアが大切

更新日:2017/09/18 公開日:2016/12/22

加齢による身体の衰えは目の下のたるみを引き起こします。しかし、加齢のせい諦めるのではなく、その対策を意識した生活を心がけましょう。目の下のたるみの対策方法について解説します。

目の下のたるみの原因とは

目の下のたるみにはさまざまな原因が考えられます。たるみの原因を知ることは、自分の身体について知ることにもつながります。目の下のたるみにつながる原因について見ていきましょう。

筋肉の衰え

人間の顔にはたくさんの筋肉が存在します。加齢によって筋肉は徐々に衰えていきますが、それは顔の筋肉においても例外ではありません。普段の生活を振り返ったとき、デスクワークが多くて慢性的に運動不足だという認識があったり、無表情で過ごすことが多いと感じたりする場合は、特に注意が必要です。

加齢による身体の変化

加齢により、皮膚内部のコラーゲンやヒアルロン酸が少なくなることも、目の下のたるみを引き起こす原因の1つと考えられています。コラーゲンやヒアルロン酸は肌のハリや弾力を保つのに大切な役割を担っているので、これらが失われることは肌の見た目に大きく関わってきます。

目の下の脂肪

目の下の脂肪のことを眼窩脂肪(がんかしぼう)といい、加齢によって目の下に膨らみとして現れることがあります。これが目の下のたるみとして顔を老けた印象に見せてしまいます。また、眼窩脂肪の膨らみがあることによって、目の下のクマをより目立たせてしまう場合もあるようです。

目の下のたるみ対策

目の下のたるみ対策は、肌表面のケアだけに留まらず、身体全体の総合的なケアが必要です。

たるみ対策で気をつけること

目元の皮膚はとても薄くデリケートです。目の下のたるみを解消させようと、自己流のマッサージなどで皮膚を無理に引っ張るとトラブルを引き起こしかねません。また、顔の筋力アップのためにと、やみくもに顔を大きく動かしていると、シワの原因になることもあるので注意が必要です。強い刺激を与えるマッサージや筋肉トレーニングは逆効果になる可能性もあることを覚えておきましょう。スキンケアの際は手で強くこすらないようにし、触れるときは丁寧に優しくすることを心がけます。

どの世代においても紫外線対策は重要

たるみ対策として、アンチエイジングを意識した肌のケアを行うことが大切です。特に、肌に与える紫外線の影響はとても大きいので、普段から日焼けには気をつましょう。紫外線を浴びると、身体の中に活性酸素が発生しやすくなります。活性酸素が増え過ぎると、体内に存在しているコラーゲンだけでなく、肌の弾力に関わるエラスチンという成分の働きにも悪影響をおよぼすといわれています。紫外線対策は夏だけではなく、1年を通して行いましょう。

余分な老廃物を溜めない生活習慣を身に付ける

身体に余分な老廃物を溜め込んでいると、むくみの原因になり、目の下のたるみがより目立ってしまうことも考えられます。また、新陳代謝の低下につながる可能性もあります。塩分の過剰摂取は控えるとともに、アルコールやタバコの量には注意してください。また、普段あまり身体を動かす習慣がない人は、無理のない範囲で意識的に運動しましょう。目元のむくみが気になる場合は、冷えたタオルと温めたタオルを用意し、交互に目元に当てるとよいでしょう。

保湿をしっかり行う

歳を重ねるごとに重要性を増してくるのが、肌の保湿です。身体は加齢によりさまざまな機能が低下していき、身体の水分量も加齢とともに低下します。乾燥は肌のハリにも関わるので、保湿ケアには力を入れましょう。基本的なスキンケアをおろそかにせず、丁寧に行うこよが大切です。また、その時々で肌の欲していることに敏感になる臨機応変さを忘れないこともポイントです。

今すぐ読みたい

振り返りやまとめ読みに便利。クリップで記事を保存!

クリップ機能を使用するには、会員登録(無料)が必要になります。

会員サービスで利用できる便利な機能

無料登録してこの記事をクリップ

登録済みの方はログイン

カテゴリー