スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

簡単にできるストレス解消法

更新日:2017/04/06 公開日:2017/04/06

ストレス解消法

ストレスは体に悪影響を及ぼし、体や心の不調を招くことはもちろん、場合によっては病気を発症する原因になることもあります。そこで今回は、簡単に実践できるストレス解消法について、ドクター監修の記事で解説します。

ストレスは体や心に大きな影響を与え、ときには病気を招いてしまうことが明らかになっています。そのため、日々の生活の中でうまくストレスを発散できるような方法を見つけ、実践することは、とても大切なことであると言えます。

ストレスを抱えこむことのリスク

ストレスを抱えると、コルチゾールというストレスに対抗するホルモンが分泌されます。このコルチゾールは副腎皮質において分泌されるホルモンであり、普段は体の機能を保つ役割をしているのですが、体に過剰なストレスがかかり大量に分泌された場合は体に悪影響を及ぼしてしまうことがわかっています。

具体的には高血糖を原因とする肥満や糖尿病、そして心筋梗塞といった病気の発症のリスクを高めたるほか、体が細菌やウイルスから身を守ろうとする免疫システムを弱めてしまい、風邪やインフルエンザといった感染症にかかりやすい状態を作り出してしまうのです。そして、コルチゾールは男性ホルモンの分泌を促し、皮脂を過剰に分泌させてニキビができやすい状態にしてしまうこともあります。肌の生まれ変わりに欠かせないターンオーバーの働きを乱れさせ、悪玉アクネ菌を増殖させて毛穴に皮脂を溜めこんでしまうのです。加えて、睡眠中に分泌される成長ホルモンの分泌を抑えてしまい、寝不足による体調不良や肌荒れも招きます。

また、ストレスはうつ病をはじめとする精神疾患を招いてしまうこともわかっています。脳にはセロトニン、ドーパミン、ノルアドレナリンといった神経細胞間の情報伝達の役割を果たしている物質がありますが、過剰なストレスがこれらの神経伝達物質のバランスを崩してしまうのです。神経伝達物質のバランスが崩れてしまうとうつ病などの精神疾患を発症することにつながるほか、なかでもセロトニンが不足した状態になると「自殺したい」「死んでしまった方が楽なのではないか」「いきているのがつらい」といった感情を引き起こしてしまうことにもなります。つまり、過剰にストレスを抱えこんでしまうと、体の不調や精神疾患の発症を招きやすくなってしまうのです。

ストレスの解消方法

ストレスによる体の不調や精神疾患の発症を予防するには、ストレスをうまく解消する方法を身に着けておくことが効果的といわれています。おすすめのストレス解消法をいくつかご紹介しましょう。

マインドフルネス(mindfulness)

自分の身体や気持ち(気分)の状態に気づく力を育む「こころのエクササイズ」です。瞑想のほかにもいろんな方法があります。今という瞬間に、余計な判断を加えず、意識して注意を向けることです。思いが浮かんでくるのを無理に抑えようとせず、心をあるがままに自然に任せます。マインドフルネスは、今の自分に「気づく」ことを目指します。身体の感覚と今ここでの「気持ち」に気づくようにします。集中して実践してみましょう。

適度な運動

運動といっても激しい運動ではなく、軽い運動がいいとされています。なかでもおすすめは30分ほどの軽めのウォーキングです。普段は車や自転車などでサッと通っているような道でも、ゆっくりと歩いてみるといつもと違った視点で見ることができ、小さな花の存在に気づくことができるなど、意外な発見があるものです。そして、こうしたゆったりとした時間が、日々のストレスをうまく解消してくれるのです。

音楽鑑賞

ストレス解消にはクラシック音楽が効果的といわれています。ただ、クラシック音楽でないとストレスがまったく発散されないというわけではありません。自分が聴きたいと思う音楽であれば、どのような曲でも効果があるといわれています。音楽を聴いていると体の緊張がほぐれ、皮膚の温度が高まり、やがて筋肉の緊張も解けいき、ストレス解消につながるのです。

人と話をする

家族や友人など、親しい人に自分が日頃思っていることを話してみるという方法もストレス解消におすすめです。人に自分の考えを話すという行為をするということは、自分が発した言葉を自分の耳で聞くということでもあり、これが気持ちの整理に役立つのです。また、心に溜まったことを吐き出してみることで気分が軽くなりスッキリするという効果も得られます。ストレスを抱えてつらくなってしまう前に、人に思いを話してみるという習慣を身に着けておくといいでしょう。

ストレス解消するときのポイント

ストレスという言葉が頻繁に飛び交い、社会ではうつ病患者の増加が問題視されています。それだけストレスを溜めないということが難しい環境になっているということです。ストレスを解消するには先ほどご紹介したようなストレス解消方法を積極的に実践する心がけが必要となります。また、自分にあったストレス解消法を探し出すことも大切です。他人が勧めるストレス解消法をあなたも同じように楽しんで実行できるかといえば、そうではないこともあるからです。

また、仕事の休憩時間や、ふいにできた家事の合間などを活用してストレスを解消できるよう、あらかじめ1人でできる心地いいことを書き出しておくといいでしょう。好きな紅茶を1杯飲む、日記を書いてみる、大声で歌うなど、心から楽しめることを探し出してみましょう。

ストレスが体や心の不調を招いてしまうことは事実です。そしてストレスは職場や学校など、日常生活で気付かない間に溜まってしまっているものです。そこで大切となるのが、ストレスを解消することです。うまくストレスを解消することができれば、体や心の不調を招くことなく、充実した毎日を送ることができるでしょう。あなたに合ったストレス解消法を見つけ出し、さっそく実践してみましょう。

ヘルスケア本