スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

服薬以外でできる頭痛の治し方

更新日:2017/03/23 公開日:2017/03/23

頭痛の種類と症状

多くの人を悩ます頭痛の改善に、薬を使う方法があります。しかし、頭痛薬は飲み過ぎると症状を悪化させる可能性もあるため注意が必要です。ここでは、薬を使用しない頭痛の治し方をドクター監修の記事で解説します。

頭痛のタイプはさまざまありますが、大きく分けるとすぐに病院を受診する必要のある頭痛と、緊急性のない頭痛に分かれます。薬を使わずに治すことができる頭痛とは、どのようなタイプなのか、頭痛の種類からご紹介します。

頭痛は2種類に分かれる

頭痛は大きく分類すると、一次性頭痛と二次性頭痛に分かれます。一次性頭痛とは命にかかわる病気が原因ではない頭痛で、いわゆる頭痛持ちと呼ばれるような慢性的に頭痛が続く状態のことです。一方の二次性頭痛は、脳などの病気が原因で頭痛が発症している可能性があり、放置しておくと命の危険につながることもあります。

一次性頭痛の特徴

病気が原因ではない一次性頭痛の代表は、緊張型頭痛、片頭痛、群発頭痛です。緊張型頭痛とは、デスクワークや車の運転など、長時間にわたり同じ姿勢で過ごしたことや、ストレスを感じていることが原因で、肩から頭にかけての筋肉が緊張して頭が締め付けられるような頭痛を発症します。

片頭痛は、片側の頭が痛くなることが多く、ズキズキと脈を打つような痛みに吐き気などの症状がともなうことのある頭痛です。群発頭痛は、特定の期間に集中して発症する頭痛であり、片方の目の奥や目の周りに突き刺さるような激しい痛みを感じることが特徴の頭痛です。一次性頭痛は、頭痛のタイプによって血液の流れ、遺伝、生活習慣など原因に違いはありますが、どの頭痛もほとんどは命の危険とは無関係とされています。

二次性頭痛の特徴

病気が原因で発症する二次性頭痛は、脳卒中、髄膜炎などの病気が原因で、引き起こされている可能性があります。その中でも命の危険につながる病気の代表は、くも膜下出血による頭痛です。くも膜下出血とは、脳の表面を覆っている膜の一つである、くも膜と脳の間に出血が起こる状態を言います。くも膜下出血の大半は、脳動脈瘤と呼ばれる脳動脈にできた、こぶのようなふくらみが破裂して発症します。くも膜下出血が原因の典型的な頭痛の症状は、突然にガーンというような激しい痛みに襲われて気が遠くなったり、意識を失ったりすることもあることが特徴です。ただし、軽度のくも膜下出血であれば、頭痛が目立たない場合もあり、再出血をして症状を悪化させることもあります。

緊急に受診が必要な頭痛の見分け方

緊急に受診が必要な頭痛は、脳卒中などの可能性がある二次性頭痛です。二次性頭痛の特徴は、これまでに体験したことのない激しい痛みや、突然の頭痛、日を追うごとに症状が悪化するなどの変化があります。また、頭痛のみならず発熱、しびれ、嘔吐をともなうことや、精神状態の悪化、50歳を過ぎて初めて体験する頭痛などは、緊急に受診が必要な頭痛と言えます。さらに、がんなど治療中の持病があるときの頭痛や、頭にけがをした後など、きっかけが思いあたる頭痛の場合でも、いつもと違う痛みを感じたときは早急に病院の受診が必要です。

服薬を使用しない頭痛の治し方

緊急性のない頭痛の場合は、薬を使用して様子を見ることもありますが、頭痛薬の使用には注意したいことがあります。それは、頭痛薬に使用される非ステロイド系消炎鎮痛剤を飲み過ぎると、脳が痛みに敏感になり頭痛の回数が増えたり、症状が悪化したりしてしまう、薬剤の使用過多による頭痛(薬物乱用頭痛)を発症することがあるからです。薬剤誘発性頭痛を防ぐためには、頭痛薬の使用は1か月で10日までに留めることが目安とされます。頭痛のほとんどは一次性頭痛であり、その中でも緊張型頭痛と片頭痛の2種類が、頭痛全体の90%以上を占めるとされます。これらの頭痛には、薬を使用せずに改善する方法をとり入れることも大切です。

薬を使わない緊張型頭痛の改善法

緊張型頭痛は、生活習慣を見直すことである程度は改善をすることができるとされます。緊張型頭痛は、肩こりなど筋肉の緊張や肩から頭にかけての血流悪化が原因で起こります。その原因の多くは、長時間パソコンを操作するなど、同じ姿勢で過ごすことが多い場合や、精神的なストレスなどです。薬を使用せずに頭痛を改善するためには、日頃から姿勢を正すことに注意して、仕事などで同じ姿勢を続ける場合は、適度にストレッチなどをとり入れるとよいでしょう。

また、ウォーキングなどの運動を行ったり、腕立て伏せで肩の筋肉を鍛えたりすることも、肩こりの予防になり頭痛の改善に効果が期待できます。さらに、ストレスを溜めないようにリフレッシュできる時間を作ることや、視力に合ったメガネの見直しなども頭痛を遠ざけるとされます。

薬を使わない片頭痛の対処法

片頭痛の場合は、痛みが一旦起きてしまうと、薬を使用せずに治すことは難しいといわれます。ただし、頭痛が始まる初期の段階では、薬を飲まずにある程度の症状を緩和することもできるとされています。一般的に片頭痛は、体のストレスが脳の視床下部に伝わり、ストレスを改善するために分泌されたセロトニンが不足して、血管の拡張が起こり周囲の神経を刺激することで起こります。セロトニンの不足が起こる前には、目の前にギラギラした光が現れたり、視野が狭くなったりするなどの前兆が現れることが特徴です。

これらの症状に気づいたときは、外からの刺激が少ない静かな薄暗い部屋で、横になってしばらく休むことが大切です。このとき痛みを感じる部分を指で押さえることや、冷やしてみることで楽になる場合もあります。また、血管収縮作用のあるカフェインを飲んだり、血糖値の低下からくる片頭痛の改善にアメなどの糖分を口にしたりすることが症状の改善につながることもあります。さらに、月経の影響など周期性のある片頭痛の場合は、その時期は生活のリズムを整えて、激しい運動を控えるなど、体に負担をかけないことがポイントです。ただし、これらの対処法を試しても頭痛が緩和しない場合は、すみやかに病院を受診しましょう。

この病気・症状の初診に向いている科 内科

ヘルスケア本