スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

頭痛が起こる場所による違いとは

更新日:2017/03/23 公開日:2017/03/23

頭痛の種類と症状

頭痛が起こっても、すぐに命に別状がある場合は少ないとされています。しかし、頭痛が起こる場所や症状によっては重篤な病につながっている場合もあり油断できないといわれています。今回はドクター監修の記事で頭痛について解説します。

頭痛は、起こってもすぐに命に直結することはないケースがほとんどですが、深刻な病が潜んでいる場合もあり油断できないともいわれています。今回は頭痛の起こる場所や種類、症状などについて解説します。

頭痛が起こる場所別にみる頭痛のタイプ

頭痛は大まかに一次性頭痛と二次性頭痛に分けられ、一次性頭痛ははっきりした原因が不明だけれど慢性的に痛みが続く頭痛です。いっぽう、二次性頭痛は脳出血や脳腫瘍など病気として原因が特定されている頭痛を指します。これら2種類の頭痛それぞれについて、主にどのような頭痛がありどのような場所で痛みを感じるのかについて説明します。

一次性頭痛

頭痛の多くは一次性頭痛であるとされています。その代表的なものを紹介します。

・片頭痛

片頭痛では、こめかみを中心にドクドクと脈を打っているような痛みが生じ、吐き気をともない症状がひどくなると嘔吐することもあります。とくににおいや光、音などに過敏になるのが特徴的な症状です。この頭痛は女性に多いといわれ、とくに20代~40代の年齢の女性に多くみられます。発生頻度は個人差があり、年に1~2回の人もいれば、週に数回発生する人もいるといわれています。

・群発頭痛

群発頭痛は目の奥や周辺部が激しく痛み、人によっては「えぐられる」ような痛みを感じる場合もあるといわれています。この頭痛は男性に多いとされ、一年~数年に一回~数回起こるといわれており、頭痛を起こした側で鼻水が出たり目が充血し涙が出たりすることもあるとされています。痛みは15分程度から長いときで数時間に亘ることもあるといわれています。逆に頭痛発作は群発頭痛ではありえません。

・緊張性頭痛

緊張性頭痛は首筋から肩にかけて硬く張ったような感じになり、後頭部が締め付けられるような痛みが数日間に亘って続きます。

二次性頭痛

二次性頭痛は以下のような原因によって引き起こされるとされていて、命に関わる危険なものもあります。

・脳出血

脳出血では、失血に一致した部位から頭部全体に亘って激しい痛みをともないます。とくに手や足がしびれてきて力が入りにくいという特徴的な症状が現れてきます。高血圧症の人は要注意です。

・クモ膜下出血

クモ膜下出血を起こすと、バットで頭を殴られたような強い痛みが瞬間的に襲ってくるとよくいわれますが、脳出血と同じく出血に一致した部位から頭部全体にわたって痛みを感じます。

・脳腫瘍

脳腫瘍もクモ膜下出血、脳出血と同様に後頭部から頭全体に亘る痛みを感じます。症状としては、脳腫瘍ができた場所により言語障害を起こしたり感覚や手足の筋肉が麻痺したりします。

頭痛が起こる場所別の原因

それぞれの頭痛の原因について以下に説明します。

一次性頭痛

一次性頭痛の起こる場所や頭痛の種類によっても原因は異なります。

・片頭痛

片頭痛の原因は、はっきりとはわからないとされていますが、視神経などにつながっている三叉神経の血管が関係しており、眼窩(眼球の奥)からこめかみが痛くなることが多いといわれています。

・群発頭痛

群発頭痛も片頭痛と同じく原因がはっきりとは分かっていませんが、視床下部というところとが関係しているのではないかといわれています。

・緊張性頭痛

緊張性頭痛は、デスクワークなどのように長時間に亘って同じ姿勢を保つことで肩や首筋が緊張しコリを起こすことによって起こる頭痛で、首すじから後頭部が多いといわれています。

二次性頭痛

危険な頭痛とされている二次性頭痛の原因について説明します。

・脳出血

脳出血は、その6割から7割は高血圧が原因で発症するといわれています。

・クモ膜下出血

クモ膜下出血は脳にできた動脈瘤が破裂することで起こります。

・脳腫瘍

脳腫瘍は脳細胞の遺伝子が変化して異常増殖し成長する病気で、良性のものと悪性のものがありいずれの場合も頭痛や吐き気を催します。

頭痛が起こる場所別の治療法

それぞれの頭痛の治療法を以下に説明します。

一次性頭痛

日常生活や仕事に影響のある一次性頭痛は以下のような治療によって改善が期待できます。

・片頭痛

片頭痛は症状が軽い場合には、カフェインが症状を和らげてくれるとされ、コーヒーなどが効果を期待できるといわれています。症状が重く、医療機関などでの治療が必要なときには、トリプタン(薬剤名)という薬をドクターが処方するのが一般的です。

・群発頭痛

群発頭痛もドクターが処方するのは片頭痛のときと同じく、トリプタン(薬剤名)という薬が処方されることがほとんどです。

・緊張性頭痛

緊張性頭痛の場合、デスクワークなど長時間にわたって同じ姿勢をとることからくる首筋や肩の緊張が原因の一つとされているため、そのような環境から離れるか、デスクワークなども定期的に休憩を入れるなどでなるべく緊張しない状態を作ることが改善につながります。

二次性頭痛

命に関わることもあるとされる二次性頭痛は、なかには治療が難しいものもあります。

・脳出血

脳出血は、発症すると致死率が70%にものぼり、根本的な治療法はないといわれています。

・クモ膜下出血

クモ膜下出血も、脳出血と同じく出血を起こした時点で高い確率で死亡するといわれるおそろしい病気ですが、少量の出血で治まることがあります。そのようなときには、出血を起こした動脈瘤の根元つまり血管から突出している瘤の根元を縛り出血しないような外科手術が行われます。

・脳腫瘍

脳腫瘍の場合、脳の血管を傷つける危険性があるため、外科的に腫瘍細胞を全て除去することは難しく、手術のみではなく放射線治療による治療を加えることが一般的です。

頭痛が起こる場所別の予防

それぞれの頭痛の予防について以下に説明します。

一次性頭痛

一次性頭痛は日々の生活の見直しが予防につながることもあります。

・片頭痛

喫煙や飲酒の習慣のある人は、それらが片頭痛発症の引き金になる場合があるので、控え目にするかやめる必要があるでしょう。

・群発頭痛

群発頭痛の場合も片頭痛と同様に、喫煙や飲酒が発症の引き金になりやすいため、それらを控えることをおすすめします。

・緊張性頭痛

緊張性頭痛が発症する原因は、デスクワークなどのように同じ姿勢で長時間作業することから生じる肩や首筋のコリなどなので、そのような作業や仕事の時間を減らしたり、こまめにストレッチを入れたりすることが予防につながります。

二次性頭痛

二次性頭痛は生活習慣の見直しで予防ができるとされているものもありますが、原因がわからないため予防が難しいとされているものもあります。

・脳出血

脳出血の主原因は高血圧といわれており、正しい生活習慣を身につけることが予防につながります。

・クモ膜下出血

クモ膜下出血も脳出血と同様に主原因は高血圧、また大量の飲酒も原因となります。喫煙をやめる、飲酒量や飲酒回数を減らすなど生活習慣を見直すことが予防につながります。

・脳腫瘍

脳腫瘍の場合、脳の特定の細胞が増殖するという現象は分かっていますが、なぜそのようなことが起こるのかという根本原因は分かっていないとされていて、予防は難しい病といわれています。ただ、頭痛や吐き気などの症状が出たときは、早期に医療機関でのチェックを受けることをおすすめします。

生活習慣の見直しが重要

頭痛は、その90%は直接命に関わることはないケースだといわれていますが、残りの10%は死に直結する病につながる場合があるため油断はできないとされています。また、頭痛は生活習慣に起因する場合が多く、規則正しい生活を心がけることをおすすめします。

この病気・症状の初診に向いている科 内科

今すぐ読みたい

ヘルスケア本