スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

ズキズキする頭痛の原因は?

更新日:2018/04/05 公開日:2017/03/23

頭痛の種類と症状

頭がズキズキと痛む「拍動性」の頭痛のなかで最も有名なのが「片頭痛」です。他にも、風邪や副鼻腔炎、激しい運動、カフェイン、巨細胞性動脈炎などで起こります。ここでは、ズキズキする頭痛が出る代表的な病気についてドクター監修のもと解説します。

「頭がズキズキと痛む」という表現があります。ズキズキというのは、脈拍に合わせて起こる、脈打つような痛みのことを指し、医学的には「拍動性」(はくどうせい)といいます。拍動性の頭痛のなかで最も有名なのが「片頭痛」です。他にも、風邪(かぜ)や副鼻腔炎、激しい運動、カフェイン、巨細胞性動脈炎などでも拍動性の頭痛が起こるといわれている病気があります。

ここでは、ズキズキする頭痛が出る代表的な病気について、どのような症状が起き、どんな人に多いのかなどを解説します。ただし、ここで紹介した病気がすべてではありませんので、参考までにご覧ください。

若い女性に多い「片頭痛」

ズキズキする頭痛(拍動性の頭痛)を起こす病気の代表格が片頭痛(へんずつう)です。片頭痛は20代~40代の若い女性に多い病気です。

片頭痛では、ズキズキと脈を打つような痛みがこめかみを中心に生じます。ただし、片頭痛でも拍動性でないケースもあります。痛みの程度も個人差がありますが、勉強や家事、仕事にも支障が出るほどの痛みを感じる場合も多いです。年に1~2回発症する人もいれば、週に数回の人もいるなど、発生頻度にも個人差があります。ひとたび頭痛発作が起こると、4~72時間続くといわれています。

また、片頭痛の発作時は吐き気をともなう場合が多く、嘔吐することもあります。光や音、においなどに過敏になるという特徴もあります。頭痛が起こる前に目がチカチカしたり、視野が欠けたりする特徴的な症状が起こることもあり、「前兆」と呼ばれています。

片頭痛について詳しくは『家庭の医学 片頭痛の症状・原因・解消方法』にリストアップされている記事をご覧ください。

子どもに多い「風邪」や「副鼻腔炎」

子どもがズキズキする頭痛を訴えた場合、多いのは風邪などのウイルス感染症やそれに引き続いて起こる副鼻腔炎です[1]。もちろん子どもだけでなく、大人でも風邪や副鼻腔炎による頭痛が起こります。

風邪を引くと、感染したウイルスや細菌に対抗するため、体の中では免疫システムが働いて炎症を起こすとともに、プロスタグランジンE2という物質を放出させます。この物質は血管を拡張させることで免疫細胞が感染している場所に集まりやすくさせ、また体温を上げて戦いを有利に進めようとします。このプロスタグランジンE2は痛みを伝える作用もあり、この影響でズキズキする頭痛が起こります。

風邪が長引くと、鼻腔から奥にある副鼻腔という空間にウイルスや細菌が侵入し、感染が広がって、そこでも炎症が起こります。そうすると、副鼻腔の粘膜に炎症が起こったり、膿が溜まって周りの組織を圧迫したりします。そのこともズキズキする頭痛を引き起こす原因となります。

副鼻腔炎について詳しくは『家庭の医学 副鼻腔炎(蓄膿症)』にリストアップされている記事をご覧ください。

スポーツ愛好家に起こる「一次性運動時頭痛」(労作性頭痛)

激しい運動をしている最中や終了後のみにおこる頭痛です。暑いところや高所での運動で起こりやすいといわれており、ズキズキとした拍動性の頭痛であることが多いです。運動によって血管が拡張することや、頭に血がうっ血してしまうことなどが原因であると推測されています。頭痛は2日以内に問題なくおさまります[2]。

コーヒーやエネジードリンク愛飲者に起こる「カフェイン離脱頭痛」

カフェインを1日200mg(マグカップ2杯分のコーヒーに相当)を上回る量を摂取し続けたあとに、カフェインを断つと1日以内に頭痛が起こることがあります。これをカフェイン離脱頭痛といい、拍動性のズキズキとした頭痛が起きることが多いといわれています。カフェインをそのまま摂取せずにいると1週間以内に頭痛がおさまります。もしくは100mgのカフェインと摂ると1時間以内に頭痛が軽くなります[2]。

高齢女性に多い「巨細胞性動脈炎」(側頭動脈炎)

50歳以上の高齢者(とくに女性)が頭の片側がズキズキ痛むという場合には、巨細胞性動脈炎(きょさいぼうせいどうみゃくえん)の可能性があります。こめかみの周辺を通る側頭動脈(そくとうどうみゃく)が炎症を起こすことが多いため、以前は側頭動脈炎と呼ばれていました。この血管が膨らんで見えたり、押すと痛くなったりするともに、視力や視野に異常が起こった場合は要注意です。放置しておくと失明する可能性がありますので、早く病院に行く必要があります。

こんな場合はすぐに病院へ

これまでに紹介したズキズキする頭痛の原因のうち、すぐに病院に行くべきなのは巨細胞性動脈炎です。片頭痛についても我慢しすぎずに病院できちんと診てもらいましょう。その他の風邪、副鼻腔炎、運動、カフェインによる頭痛は自宅で様子を見ていて大丈夫です。ただし、下記のような頭痛であれば、重大な病気が原因で頭痛が起きている可能性があるので、すぐに医療機関(脳神経内科、脳神経外科、一般内科、救急外来など)を受診してください[1]。

  • 突然発症した頭痛(いつ頭痛が起きたか明確に分かる)
  • 今まで経験したことがないくらい激しい頭痛
  • 痛くて寝ていられないほどの頭痛
  • 起床直後に起こり、吐くと楽になる頭痛
  • いつもと様子が異なる頭痛
  • 手足の麻痺や言語障害がある
  • 項部硬直がある(首の後ろが硬くなり、首を前に倒すことができない)
  • 精神症状(不安、焦燥感、錯乱など)がある
  • 頭を押すと痛みが増す場所がある
  • 目が激しく痛む
  • 50歳以降に初めて起きた頭痛
  • 嘔吐が数週間続いた後に頭痛が起こった場合
  • 身体を曲げたり、物を持ち上げたり、咳によって誘発される頭痛
  • 数日~数週間にわたり、じわじわと頻度や程度が重くなっていく頭痛
  • がんや免疫不全を引き起こす病気にかかっている

この病気・症状の初診に向いている科 内科

今すぐ読みたい

ヘルスケア本