スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

寝起きに頭痛が起こる原因と解消法とは

更新日:2017/11/07 公開日:2017/03/02

頭痛の種類と症状

寝起きに起こる頭痛というものがあります。睡眠不足のときだけでなく、十分に眠ったときにも起こります。寝起きに起こる頭痛の原因と治療のポイントについて、ドクター監修の記事でお伝えします。

寝起きに起こる頭痛というものがあります。寝起きに起こる頭痛の特徴や原因、治療のポイントについて、詳しく解説していきます。

寝起きに起こる頭痛の特徴

寝起きに起きる頭痛には、いくつかのタイプがあります。

片頭痛

片頭痛は、女性に多く見られる頭痛のひとつです。思春期から40代くらいの女性に多く発症します。脈を打つようなズッキンズッキンという強い痛みがあるのが特徴です。光や音に敏感になるため、それらをさえぎるために寝込んでしまうケースもあるなど、日常生活に支障をきたすやっかいな頭痛です。寝起きの際に交感神経が活発になるときに、脳の血管が広がります。それにより、三叉神経と呼ばれる神経が刺激されて痛みが発生します[1][2][3]。

群発頭痛

群発頭痛は、20代から40代の男性に多い頭痛です。頭が割れるほどに痛いといわれる病気で、詳しい原因はわかっていません。寝起きの際に起こる場合もあります[1][2][3]。

脳腫瘍

脳にできる腫瘍です。腫瘍が大きくなって、脳が圧迫されることで、頭痛が生じます。寝起きのときに体勢を変えたりすると痛みが悪化します。吐き気や嘔吐を起こすことがあるのが特徴です[2][3]。

寝起きに起こる頭痛の解消法

寝起きに起こる頭痛は、原因に合わせた治療が必要になります。毎朝つらいようであれば、医療機関に相談するようにすると良いでしょう。特に寝起きに吐き気や嘔吐があるときには、脳腫瘍の可能性もあるので、早めな対処が必要になります。

参考文献

  1. [1]Langguth B, et al. Tinnitus and Headache. Biomed Res Int. 2015; 2015: 797416
  2. [2]慢性頭痛の診療ガイドライン作成委員会. 慢性頭痛の治療ガイドライン2013. 日本神経学会・日本頭痛学会 2013
  3. [3]デニス・L・カスパーほか編. ハリソン内科学 第5版. メディカル・サイエンス・インターナショナル. 2016; 112

この病気・症状の初診に向いている科 内科

ヘルスケア本