スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

帯状疱疹の初期症状とは

更新日:2018/06/01 公開日:2017/02/28

帯状疱疹の基礎知識

帯状疱疹を発症すると、紅斑や水疱などが現れます。早期に治療を開始することが大切なので、帯状疱疹の初期症状について確認しておきましょう。今回は、帯状疱疹の初期症状についてドクター監修の記事で解説します。

帯状疱疹の治療が遅れると、帯状疱疹後神経痛のリスクが高まります。初期症状を確認しておくことで、帯状疱疹の主症状が現れた際に、迷うことなくクリニックを受診できるでしょう。

帯状疱疹の症状

帯状疱疹を発症すると、身体の片側にある神経に沿って、痛みをともなう紅斑が現れます。同時に、発熱やリンパ節の腫れ、頭痛などの症状が現れる場合があります。紅斑の上に小さな水疱が現れます。水疱の中央はくぼんでおり、現れた当初は透明ですが、次第に黄色い水疱へと変わっていきます。中は膿で満たされているため、破かないよう注意が必要です。発症から約2週間でかさぶたが形成され、その約1週間後には、かさぶたも脱落します。治りかけの頃には、冷たい水が皮膚の上を流れたり、虫が皮膚の上をはい回ったりといった感覚になることがあります。

全身どこにでも現れる可能性がありますが、胸から背中にかけて好発することが特徴です。また、顔の三叉神経にウイルスが潜んでいた場合は、顔に帯状疱疹が現れます。その際には、顔面神経麻痺や失明をともなう場合があります。

帯状疱疹の原因となるウイルスは、水痘・帯状疱疹ウイルスです。このウイルスは、水疱瘡の原因にもなります。水疱瘡は、子供の頃に発症することが多い病気です。水疱瘡が完治しても、ウイルスが神経に潜んでいることがあり、大人になって免疫力が低下したときに再び活性化します。活性化したウイルスは、神経から皮膚へと拡がり、そこで増殖して帯状疱疹を発症させます。神経細胞と一体化しているため、帯状疱疹を発症するまでに自覚症状が現れることはありません。

帯状疱疹の初期症状

水疱が現れる前に、チクチク、ピリピリとした痛みが現れます。しばらくすると、紅斑や水泡が現れます。この段階では、激しい痛みを感じることが多いです。また、痛みの感じ方には個人差があり、痛みの代わりにかゆみを感じる人もいます。これは、ウイルスが神経を破壊するためだと考えられています。同時に、感覚が鈍くなることも多いといわれています。

帯状疱疹は早期治療が重要

帯状疱疹は、発症から3週間~1か月程度で完治することが一般的です。しかし、治療の開始が遅れると、皮膚の症状が改善しても痛みだけが残る帯状疱疹後神経痛になる可能性があります。特に、高齢者に多くみられます。帯状疱疹が疑われた場合は、できるだけ早く皮膚科を受診しましょう。

帯状疱疹の治療

帯状疱疹の治療は、皮膚の症状と神経痛の改善、帯状疱疹後神経痛の予防を目的に行います。痛みに対する治療は、鎮痛剤の投与です。それでも痛みが緩和しない場合は、神経ブロック療法も検討します。

皮膚の治療では、水疱に細菌が感染して化膿するのを防ぐことを第一の目標として、患部を保護する塗り薬を使用します。また、抗ウイルス薬を使用して、ウイルスの増殖を抑えます。内服薬が基本ですが、重症例では点滴による投与が必要になります。早期から抗ウイルス薬による治療を開始することで、帯状疱疹後神経痛のリスクを低下させられます。副作用が比較的少ない薬ですが、吐き気や腹痛などの消化器症状や眠気などが起こることがあります。

痛みや不安が原因で睡眠に支障をきたしている場合は、抗不安薬や、抗うつ薬を処方する場合があります。また、口の中に帯状疱疹が現れると、痛みで食事をとることが難しくなりますが、この場合は点滴などで十分な栄養を補給できるようにします。神経の再生を促すために、ビタミン剤を投与することもあります。

自宅で気をつけること

患部を清潔に保つことが大切ですが、発症から1~2週間は入浴を避けましょう。シャワーか、よく絞った濡れタオルなどで身体を拭くだけにしておくことをおすすめします。また、自宅療養中に頭痛や首の痛み、高熱、複視などの症状が現れた場合は、すぐにドクターに相談しましょう。髄膜炎や脳炎などを合併している可能性も考えられます。

この病気・症状の初診に向いている科 皮膚科

今すぐ読みたい

ヘルスケア本