スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

帯状疱疹の感染経路とは

更新日:2017/02/28 公開日:2017/02/28

帯状疱疹の基礎知識

帯状疱疹は、水疱瘡にかかったことがある人にみられる病気です。では、帯状疱疹そのものが人に伝染するのか疑問に思う方もいるでしょう。今回は、帯状疱疹が伝染するのかということや感染経路についてドクター監修の記事で解説します。

帯状疱疹は、痛みをともなう水疱が神経に沿って帯状に現れる病気です。発症後は、人に伝染させないよう注意が必要です。帯状疱疹の感染経路や家族に伝染させないためのポイントを確認しておきましょう。

帯状疱疹はうつるのか

帯状疱疹としてうつることはありませんが、水疱瘡としてうつる可能性があります。

帯状疱疹の病原体である水痘・帯状疱疹ウイルスは、水疱瘡の病原体でもあります。初感染時には、水疱瘡として発症し、2回目以降は帯状疱疹として発症します。水疱瘡が治癒しても、ウイルスは身体の各部位にある神経節に潜伏することがあります。免疫で排除されないように、神経節と調和することで自らの存在を隠します。そして、免疫力が低下して、ウイルスを抑えることができなくなったときに帯状疱疹を発症します。

帯状疱疹の感染経路

帯状疱疹は接触感染で伝染します。水疱に触れることで感染する可能性があります。かさぶたが形成されるまでは伝染する可能性があるため注意が必要です。

子供や妊婦さんには注意

帯状疱疹の病原体の水痘・帯状疱疹ウイルスに一度感染している人には伝染しません。つまり、過去に水疱瘡を発症している場合は伝染しません。水疱瘡は、ほとんどの人が発症したことがある病気であるため、伝染することを過度に心配する必要はないでしょう。しかし、子供は水疱瘡を発症したことがない場合もあるので、できるだけ接触を避けることが大切です。

また、妊婦が水痘・帯状疱疹ウイルスに感染すると、胎児に悪影響が及ぶ可能性があります。妊娠20週以前に水疱瘡を発症すると、約2%の確率で胎児に重度の障害が出るといわれています。これを先天性水痘症候群と言い、骨格や神経系の異常、発育障害などをともないます。

妊娠20週以降に水疱瘡を発症した場合は、胎児が帯状疱疹を発症するおそれがあります。出産の5日前~産後2日後に水疱瘡を発症した場合は、生後5~10日で新生児水痘を発症する可能性があります。この時期は、母体から抗体が移っていないため、重症化しやすいといわれています。約3分の1の新生児が死亡するともいわれているため、早急に治療を受ける必要があります。

また、過去に帯状疱疹を発症している人でも再発することがあるため、できるだけ家族との接触を避けることが大切です。免疫力は加齢とともに低下していくため、高齢者が家族にいる場合は注意が必要です。免疫力は、疲労やストレスだけではなく、糖尿病やガン、重症の感染症などでも低下します。また、膠原病などの治療で免疫を抑制している場合にも帯状疱疹を再発させやすいです。

家族が帯状疱疹にかかったら

家族が帯状疱疹にかかっても、他の家族が水疱瘡を発症したことがある場合は心配いりません。しかし、水疱瘡を発症したことがない家族がいる場合は、感染対策をする必要があります。まず、水疱がある部分を拭いたタオルを共有しないよう注意が必要です。同じ湯船に浸かっても感染する可能性は低いですが、念のために避けた方がよいでしょう。

腕に帯状疱疹が現れており、家族の身体と接触しやすい場合は、ガーゼや包帯などで保護しましょう。水疱は破れやすいので、いずれにしても保護しておくことが大切です。水疱が破れると、細菌感染を起こして化膿するおそれがあります。

また、家族が帯状疱疹にかかったら、できるだけ早く皮膚科を受診させましょう。治療が遅れれば遅れるほどに重症化や帯状疱疹後神経痛のリスクが高まります。帯状疱疹後神経痛は、水疱や発熱などの症状が消失しても、痛みだけが長期間にわたって続く状態です。3か月以上、痛みが続く場合に診断されます。長くて1年、中には10年近く痛みが続いた例もあるので、発症を未然に防ぐことが大切です。

クリニックでは、抗ウイルス薬による治療を中心に受けることになります。抗ウイルス薬を早期に使用することで、帯状疱疹後神経痛のリスクを下げることができるといわれています。また、痛みへの対処として、鎮痛薬を使用します。薬物療法だけでは痛みを緩和させることが難しい場合には、神経ブロック療法も検討します。

この病気・症状の初診に向いている科 皮膚科

今すぐ読みたい

ヘルスケア本