スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

ワンデータイプのカラーコンタクトレンズとは

更新日:2017/03/26 公開日:2017/03/24

コンタクトレンズの基礎知識

ワンデータイプのカラーコンタクトレンズについてドクター監修の記事で解説します。便利でファッション性が高いことから若い人を中心に使用する人が増えていますが、品質や安全性について正しく理解したうえで使用することが大切です。

ファッション性の高さもあり、若い人たちを中心にワンデータイプのカラーコンタクト(カラコン)を使用する人が増えているといわれます。そして、それにともなって、さまざまな問題も生じているようです。ワンデータイプのカラーコンタクトの品質や安全性、使用にあたっての注意点について解説します。

ワンデータイプとは

コンタクトレンズは、使用期限によりいくつかの種類に分けられます。ワンデータイプは、1日で交換するタイプのものを言います。朝から夜まで1日装用したら再利用はせずに廃棄します。使い捨てのタイプのコンタクトレンズです。

ワンデータイプは、さまざまな点からもっとも安全性が高いレンズだとされています。まず、使用のたびに新たにパックを開封して使うこと、また、毎日新しいレンズに交換することから、清潔が保たれやすいということがあげられます。さらに、再利用をしないために洗浄や消毒といった手入れが不要だということ、毎日は使わなくても何かの際に使用したい場合に対応が可能なこと、なども、ワンデータイプの利点とされています。

コンタクトレンズを初めて装用する人や、まだコンタクトレンズに慣れていない人の場合、このワンデータイプを推奨されることが多いようです。安全性の高さもそうですが、慣れるまで毎日ではなく何日かに1回使用するようにするなど、装用する頻度を調整するのにも便利です。

1回の使用ごとに使い捨てとなるために、レンズの枚数が多くなること、そのために毎日使う場合にはレンズ代が高くなってしまいがちなこと、など欠点とされるところもあります。しかしながら、特に常用せずに必要なときのみに使いたいという際には、もっとも安全かつ経済的なレンズだとされるのが、このワンデータイプです。

カラーコンタクトの品質・安全性

コンタクトレンズのなかには、色のついたものがあります。虹彩(こうさい)の色を変えるためのレンズで、主にファッションを目的として使用されます。

カラーコンタクトは、虹彩部分の色を変えるために、レンズに着色料が用いられています。着色方法には、レンズ外面に着色するもの、レンズ内面に着色するもの、素材の間に着色剤が封入されたもの、の主に3つがあります。

一般的なコンタクトレンズは視力を補正するために用いられますが、カラーコンタクトレンズ、特にファッション目的のものには、視力補正を目的としないものが多くあります。「ファッション用度なしカラコン」などと呼ばれるものがそれに該当します。

2009年に薬事法(現在は薬機法に改訂)の規制対象となるまでは、視力補正を目的にしないカラーコンタクトは、未承認カラーコンタクトとして雑品扱いとなり、規制を受けていませんでした。しかし、未承認カラーコンタクトを使用したことで眼障害が生じた例が多く報告され、大きな問題となりました。それを受け、非視力補正用カラーコンタクトも医療機器として扱われることになり、薬事法の規制の対象となりました。

オシャレ目的による安易な使用に注意

現在では、承認されたカラーコンタクトのみが販売されるようになっていますが、依然としてカラーコンタクトの使用による眼障害の症例は増えているといわれます。カラーコンタクトによって目に障害が起こる原因には、レンズ自体に関するものと、使用者に関するものとがあります。

カラーコンタクトに原因がみられるもの

カラーコンタクトレンズは、目にさまざまな障害を引き起こしやすいといわれます。障害につながりやすい、カラーコンタクト自体の問題点としては、以下のようなものがあげられます。

・酸素透過性

レンズに厚みがあり酸素の透過性が低いものが多いため、酸素不足が生じやすくなります。

・着色料

レンズに使用した着色料が漏れ出ることにより細胞毒性を生じるうえに、色素の溶出によって角膜障害や結膜障害が引き起こされやすくなります。

使用者に眼障害の原因がみられるもの

カラーコンタクトのレンズ自体に指摘される問題点のほかに、使用する人の側にも眼障害につながりやすい原因がみられることがあるようです。

・眼科医院を受診していない

カラーコンタクトを使うにあたって、眼科医院を受診して処方を受けていない、眼科医に使用に関する説明や指導を受けていない、というケースも多いといわれます。また、使用によって眼に異常が生じても診察や治療を受けない場合もみられ、なかには重篤な状態にいたる例も報告されているようです。

・使用上の注意点を理解しないままに使用する

使用にあたっては、眼科医の指導を受け、添付文書を熟読したうえで、適切なレンズを正しく使うことが求められます。しかし、添付文書を読まないままに、長時間の装用や誤ったケア方法など不適切な使い方をしている例も多いようです。

コンタクトレンズは「高度管理医療機器」です。それは、非視力補正用のカラーコンタクトであっても同じです。アクセサリーのように簡単につけられるファッションアイテムのひとつように思われがちですが、安易な使用により眼に重大な障害を引き起こしかねません。そのことを十分認識したうえで、眼科医の指導のもと適切に使用することが必要です。

粗悪品の使用によって考えられること

前記のとおり、カラーコンタクトには虹彩の色を変えるためにレンズに着色が施されています。コンタクトは眼に直接装着するため、着色に用いられた着色料の安全性が重要です。

承認を受けたレンズであっても、着色料により眼に細胞毒性を生じたり、角膜や結膜に障害が生じたりする例があります。粗悪品とされるもののなかには、人体に対して有害な着色料を使用しているものがあり、使用中にその着色料が溶出して健康被害につながったケースも報告されています。

また、いわゆる「デカ目」の演出を目的とする、直径の大きなタイプのレンズがあります。サイズの大きなレンズは、圧迫によって角膜や結膜に障害を生じさせやすく、また、角膜が酸素不足になりやすくなるため、これもまた角膜の障害につながりやすくなります。

コンタクトの装用にあっては、角膜に合ったレンズを選ぶことが重要です。角膜にフィットしないレンズは、角膜に障害を起こすもとになることがあります。カラーコンタクトの場合も、眼に合った適切なレンズを使わないと、障害につながりやすくなるのに加え、かすみやだぶりなど見え方にもよくない影響をおよぼしかねません。

カラーコンタクトを使用する際は、眼科医を受診し、検査を受けて適切なレンズの処方を受けるとともに、使用法に関する十分な説明と指導を受けるようにしましょう。そして、守るべきことを守って適切に使用し、定期的に検査を受けるようにしましょう。

この病気・症状の初診に向いている科 眼科

ヘルスケア本