スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

蓄膿症の症状、似た症状、検査方法とは

更新日:2018/06/25 公開日:2017/03/22

副鼻腔炎(蓄膿症)の症状と治療法

風邪(かぜ)が治った後や、風邪をひいていないのに鼻が詰まってしまうような症状が出た場合、蓄膿症になっているのかもしれません。今回は、蓄膿症の症状や原因、改善方法などについてドクター監修の元、紹介します。

蓄膿症とはどのような病気で、何が原因により引き起こされるのか、対策はどのようにすればよいかなどについて、ポイントを解説していきます。

蓄膿症とは

蓄膿症というのは、医学用語で慢性副鼻腔炎(まんせいふくびくうえん)と呼ばれています。単なる鼻づまりと勘違いしてしまう人もいるようですが、症状としてはそれよりもさらに深刻であることが多いようです。

鼻づまりとは、一般的に鼻の穴と呼ばれる「鼻腔」に鼻水が詰まってしまうこと指します。また、鼻の左右にある頬の裏側や、左右の目の間、そして額の裏側にある空洞をまとめて「副鼻腔(ふくびくう)と呼びます。これらの空洞は、全て細い通り道で鼻腔へつながっています。副鼻腔は通常であれば空洞状態ですが、副鼻腔炎になると、この空洞の表面にある粘膜部分が炎症を起こしてしまいます。症状としては次のような症状が見られることがあります。

蓄膿症の症状

鼻水

蓄膿症の場合、色が濃く粘性の高い鼻水が出るようになり、慢性化すると白っぽい鼻水になることがあります。

後鼻漏(こうびろう)

鼻水というと鼻の穴から出てくるものをイメージしがちですが、鼻の奥にあるのどの方に流れていく鼻水を後鼻漏と言います。蓄膿症になるとこの後鼻漏がおき、咳などの原因になる場合もあります。

鼻づまり

粘性の高い鼻水がでるため鼻づまりしやすいのですが、副鼻腔炎により鼻腔や副鼻腔の粘膜が腫れてしまうと、より一層鼻水がつまりやすくなるといわれています。

副鼻腔の痛み

副鼻腔に炎症がおこることで、頬や目の間、額の奥に痛みを感じることがあります。

副鼻腔炎の原因

副鼻腔炎の原因の多くは、細菌やウイルスなどの感染による副鼻腔の粘膜の炎症といわれています。特に、風邪(かぜ)が原因で副鼻腔炎を引き起こすことが多いようです。また、それを適切な対処を行わないで放置することで、症状が悪化し蓄膿症となってしまうケースが多いようです。

蓄膿症と間違えやすい病気

蓄膿症は、一見すると鼻水が出ているだけの病気ですので、そのほかの病気と勘違いしてしまうことが多いです。しかし、別な病気の可能性もあります。そこで、蓄膿症と間違えやすい病気を紹介します。

急性鼻炎

急性鼻炎は、一般的に鼻風邪と呼ばれる病気です。風邪をひいてしまったり、鼻水が出るのが長引いたりしてしまうと、副鼻腔炎と勘違いしてしまう人がいます。また、回復の過程で粘性のある鼻水にかわっていく場合が多いため、特に勘違いしやすいといわれています。

これらの病気の場合、鼻腔での炎症により引き起こされることが多いです。副鼻腔炎の場合は副鼻腔が炎症しますので、炎症部位が全く異なります。ただし、急性鼻炎が長期化してしまうことで、鼻腔からつながっている副鼻腔へ炎症が広がっていき、副鼻腔炎を引き起こすこともあるようです。

アレルギー性鼻炎

花粉やペットの皮屑・ハウスダスト、ダニなどのアレルゲンが原因となり、鼻水が出てしまう症状です。こちらもアレルゲンの周辺にいると常に鼻水が出てしまうので、蓄膿症と勘違いしてしまうことがあります。ただし、アレルギー性鼻炎は、急性鼻炎と同じように鼻腔で起こる症状ですので、炎症する場所が違います。また、アレルギー性鼻炎の場合は、鼻水に粘性が無くさらさらのものがでてきますので、違いはわかりやすいと思います。

蓄膿症の検査方法

蓄膿症であるかどうかを検査する場合、主に内視鏡検査や細菌検査などを行って蓄膿症であるかどうかを確認するケースが多いです。

内視鏡検査

内視鏡を使って、鼻腔や副鼻腔をカメラで検査をします。鼻水の量や状態、炎症の有無を確認することができます。

細菌検査

鼻の穴の奥や、のどの奥にある分泌物を採取して検査を行います、ある程度時間がかかりますが、原因菌がわかるので適切な抗菌薬を選べるメリットがあります。

蓄膿症の療養のポイント

蓄膿症というのは、かつて治療が難しい病気だといわれていましたが、近年では治療法も確立されています。マクロライド系の抗生物質を少ない量で2か月~3か月服用することで、治療が期待できるようです。また、副鼻腔炎が重症化していて、薬物療法の効果があまり確認できない場合は、手術により副鼻腔内の膿を取り除くこともあるようです。

普段の予防策

蓄膿症は、通常の鼻風邪が悪化して発症することもありますので、蓄膿症の予防には日々の風邪予防を心がけることがおすすめです。手洗いやうがい、マスクなどの基本的な風邪予防に加えて、栄養バランスを考えた食事や、疲労やストレスを溜めこまない、そして室温や乾燥に気をつけることが重要です。

ヘルスケア本