スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

美肌の大敵!タンパク質不足に注意を

更新日:2017/09/18 公開日:2017/04/24

ダイエットや健康のためにと肉を避け、野菜ばかり食べていたりしませんか。大豆製品は食べているから大丈夫、と思っているかもしれません。しかし、それだけではタンパク質に偏りがでていて、結果的にはタンパク質不足に陥っている可能性もあります。体にとってのタンパク質の働きや美肌に欠かせない理由などを、順を追って説明していきます。

タンパク質の働き

体にとってタンパク質は、欠かせない栄養素の1つです。肌はもちろん、全身をうまく機能させるためにもタンパク質は重要な働きをしています。

体の2割はタンパク質でできている

赤ちゃんはとてもみずみずしい肌をしています。これは、人間の体の大部分が水分で構成されていることを示しています。もちろん赤ちゃんと比べると、成人し年齢を重ねるごとに体の水分量は減っていきます。しかし、大人でも体の6割は水分でできています。そして、次に多い2割はタンパク質でできています。残りの2割は、その他のあらゆる栄養素でできているのが人間の体です。具体的には、皮膚や髪の毛、筋肉などの体の多くの組織がタンパク質でできています。ここからもわかるように、水分の次に多い体の構成成分であるタンパク質は、人間の体になくてはならないものです。

タンパク質はアミノ酸でできている

タンパク質はアミノ酸の集合体です。20種類のアミノ酸でできており、この中には食品からとり入れなければ補うことのできないものもあります。

ホルモンや神経系にも欠かせない

タンパク質は体の組織を構成しているだけではなく、ホルモンや神経系を正常に機能させるためにも欠かせない栄養素です。タンパク質が不足し、ホルモンや神経系が正常に機能しないと、全身であらゆる不調がでてしまいます。そして体は、肌をきれいにすることより体をきちんと機能させることを優先させます。ホルモンや神経系に問題があると、肌はいつまで経ってもきれいになれません。

足りないと新陳代謝を下げてしまう

皮膚のもとであるタンパク質が減ってしまうということは、新陳代謝を下げることにもつながります。新陳代謝が下がるということは、新しい肌を作るのが遅くなってしまうということです。いつまでも古い肌のままでいると肌がくすみ、これはシワやたるみの原因ともなります。

コラーゲンもタンパク質でできている

コラーゲンは、肌をふっくらと保つためにも欠かせないものです。実は、このコラーゲンもタンパク質からできているので、タンパク質不足になるということはコラーゲン不足をも促してしまいます。

タンパク質の多い食品

タンパク質が多く含まれる食品といえば、ダイエットをするときに避けられることの多い食品となります。具体的には、肉や魚、卵や乳製品、そして大豆製品などが代表的です。

極端なダイエットは危険

ダイエットをするときに肉や魚を全く食べず、野菜ばかりを食べる人がいます。たしかに体重は落ちるかもしれませんが、このような極端なダイエットではタンパク質不足に陥ってしまう可能性もあります。極端なダイエットは、長く続けないように気をつけなければなりません。

美肌とスタイル維持にはタンパク質が必要

タンパク質は、体を作るうえで欠かせない栄養素です。きれいな肌やいいスタイルを保つためにも、ある程度のタンパク質摂取は必要といえます。

1日にとるべきタンパク質の量

もちろん、肉などのタンパク質をとり過ぎると太ったり、逆に不調を生んだりする可能性もあります。全ての栄養素にいえますが、とり過ぎもとらなさすぎもよくありません。タンパク質では、1日当たり成人男性で70g、成人女性で55gが必要といわれています。

タンパク質が少ないと美肌が遠のく

皮膚を作っているのはタンパク質なので、摂取量が少ないときれいな肌は作られません。美肌を目指したい人ほど、きちんとタンパク質をとることが重要となります。

タンパク質が少ないと美ボディも遠のく

痩せやすい体とは、基礎代謝の高い体といえます。基礎代謝を上げるためには筋肉力を増やすのが一番ですが、タンパク質が不足していると筋肉はきちんと作られません。それどころか、筋肉量を減らす原因にもなる可能性があります。美ボディを目指すなら、基礎代謝を上げる筋肉のもととなるタンパク質も必須になります。

美容に効果的なタンパク質のとり方

せっかくタンパク質をとるなら、効果的にとり入れたいものです。タンパク質の種類や組み合わせなどを工夫して、効率よく美容に役立てましょう。

タンパク質にも種類がある

一言でタンパク質といっても種類があり、大きく分けると動物性と植物性があります。

  • 動物性のタンパク質

動物性のタンパク質といえば、肉や魚、卵などがそうです。ダイエットをしたい人には嫌われやすい食品ではありますが、アミノ酸のバランスがいいので少しはとり入れたいタンパク質です。

  • 植物性のタンパク質

植物性のタンパク質といえば、豆腐や納豆などの大豆製品があります。こちらはダイエットをする人でもとり入れていることが多いですが、動物性のタンパク質と比べると単品ではアミノ酸のバランスがいいとはいえません。たとえば、大豆には含硫(がんりゅう)アミノ酸が足りないといわれています。これは食品からとり入れる必要のある必須アミノ酸の1つです。タンパク質を大豆のみで補おうとすると、必須アミノ酸が一部不足するということになります。

アミノ酸のバランスが大切

大豆の例からもわかるように、アミノ酸のバランスは大切です。どれも不足することがないように、バランスよく補いましょう。大豆に不足する含硫アミノ酸を補うには、ご飯を一緒に食べるのがいい方法といえます。ご飯には含硫アミノ酸が含まれていますが、リジンという必須アミノ酸が足りません。リジンは大豆に多く含まれているので、ご飯と大豆を一緒に食べるということは、お互いを補った食べ方ということができます。

タンパク質が多く太りにくい食品

タンパク質が多くて太りにくい食品といえば、ダイエットをしている人や効率よく筋肉をつけたい人にも人気の鶏ささみがあります。そのほかにも脂の少ない赤身肉やあじ、いわし、そして納豆や高野豆腐などもあります。

肌の不調改善をしたいけど余計なものはとりたくないという場合にはこのような食品多めにとり入れるといいでしょう。

振り返りやまとめ読みに便利。クリップで記事を保存!

クリップ機能を使用するには、会員登録(無料)が必要になります。

会員サービスで利用できる便利な機能

無料登録してこの記事をクリップ

登録済みの方はログイン

カテゴリー