スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

ウイルス性結膜炎とは

更新日:2017/03/30 公開日:2017/03/27

結膜炎の基礎知識

結膜炎には人に伝染しやすい「ウイルス性結膜炎」という病気が存在します。自分や家族がかかってしまった場合、かからなくなるようにする予防方法などをドクター監修の記事で詳しくご紹介していきます。

結膜炎という目の病気には、非常に伝染しやすい「ウイルス性結膜炎」と呼ばれるものがあります。これらは人や物を介してうつりやすく、かかった場合は周囲にうつさないよう細心の注意を払う必要があります。感染を防ぐためにウイルス性結膜炎の症状や原因、予防法を解説します。

ウイルス性結膜炎とは

「ウイルス性結膜炎」と呼ばれる結膜炎の中でも、「はやり目」と呼ばれ特に人にうつりやすいものがあります。全部で3種類に分かれ、それぞれ「流行性角結膜炎(りゅうこうせいかくけつまくえん)」、「咽頭結膜熱(いんとうけつまくねつ)」、「急性出血性結膜炎(きゅうせいしゅっけつせいけつまくえん)」と呼ばれています。

ウイルス性結膜炎の症状

それぞれのウイルス性結膜炎には、基本的な結膜炎の症状である白目の充血、まぶたの腫れ、めやにが出る、涙が出る、といったもの以外にも特有の症状が出る場合があります。

流行性角結膜炎の症状

特に強い充血と目やにが症状としてあらわれる以外に、腫れやむくみ、光をまぶしく感じたり、涙が出やすくなったり、リンパが腫れることもあります。さらに、症状が治っていく過程で黒目に小さな濁った点があらわれることがあります。濁った点が出た場合は、目がかすんだり、まぶしく感じたりといった視力への影響が出る可能性があります。

咽頭結膜熱の症状

基本的な結膜炎の症状以外に発熱や頭痛、のどの腫れや痛み、扁桃腺炎(へんとうせんえん)、咳や鼻水、下痢といった風邪(かぜ)に似た症状がみられることもあるのが特徴です。中でも発熱は40度近い高熱が、5日間以上も続き長期化することもありますので、脱水症状にも注意が必要です。

急性出血性結膜炎の症状

結膜下出血のため、白目が真っ赤になるのが特徴です。また、ウイルスに感染してから発症するまでが1日と短く、最初は片目だけでも、翌日には両目に両方の目に広がっているケースも多いとされています。それ以外にも目の痛みや異物感、目がかすんだり、まぶたが腫れたり、まぶたの裏にブツブツした乳頭ができることもあります。

ウイルス性結膜炎の原因

アデノウイルスを原因とする「流行性角結膜炎」「咽頭結膜熱」、エンテロウイルスやコクサッキーウイルスを原因とする「急性出血性結膜炎」と、それぞれ原因となるウイルスが違います。また、人から人へとうつりやすく、タオルやハンカチ、洗面用具の共有は感染の原因になりやすいと考えられています。

他にも公共の多くの人の手が触れる場所は、ウイルスをもらいやすくなるので注意が必要です。また、咽頭結膜熱は別名「プール熱」と呼ばれています。その名のとおり、プールで感染しやすい病気でもあります。

ウイルス性結膜炎の治療

ウイルス性結膜炎には、「抗ウイルス薬」というような特効薬はありません。体内で抗体ができるまで自然回復を待つことになります。しかし、さらなる感染や悪化、炎症を防ぐために抗菌点眼薬を使用して、対症療法を行うことが一般的です。また、「学校保健安全法」の決まりでドクターの了承が得られない限りは学校への登校はできません。

自身も感染の拡大を避けるため、人混みへの外出を行わないようにするなどしましょう。ガイドラインは会社の規定によりますが、感染の拡大を防ぐために会社への出社も避けることが推奨されます。咽頭結膜熱に限らず、プールなども医師の判断を仰ぐようにしましょう。

ウイルス性結膜炎の予防

ウイルス性結膜炎に感染しないためには予防が重要になります。日常で可能な予防策を紹介します。

手洗いをしっかり行う

電車のつり革やドアノブ、テーブルや椅子、トイレや蛇口など、他の人の手が触れると想定される場所を触ったとき、ウイルスが付着する可能性があります。外出先から戻ったときは必ず石けんで手を洗うようにし、該当の場所を触った際も手洗いを徹底するように心がけることが大切です。

目はこすらない

目がかゆくなると、どうしてもこすってしまいがちです。しかし、いつどこでウイルスをもらってきているかはわかりません。目がかゆくなったときは、保冷剤などをハンカチやタオルにくるんで目に当てるようにしましょう。また、抗ヒスタミンが配合された目薬を使用するというのも有効な手段だと考えられています。

道具の共有

特にタオル、洗面用具の共有は感染するリスクが高まると考えられています。家族間でも顔を拭くようなタオルは共有しないことをおすすめします。

家族が感染した場合

家族の中に感染者がいる場合は二次感染を防ぐために細心の注意が必要です。管理を徹底するようにしましょう。具体的には、手洗いを徹底し、同じ食器を使用しないようにしましょう。さらに、使用後のドアノブや便座は除菌消毒したり、タオルや衣類を煮沸消毒したり、ゴミも感染者のものは別に分ける方がよいでしょう。

今すぐ読みたい