スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

結膜炎はどう治療する?

更新日:2017/03/30 公開日:2017/03/27

結膜炎の治療

結膜炎にはいくつかの種類がありますが、原因や症状が異なります。当然、治療内容にも違いが出てきます。それらの違いを把握し、治療や予防ができるよう、ドクター監修の記事で詳しくお届けします。

有名な目の病気に結膜炎というものがあります。そして、結膜炎もいくつかの種類に分かれ、それぞれ症状や治療方法が異なります。

結膜炎の種類

結膜炎には感染性結膜炎に該当する細菌性結膜炎(さいきんせいけつまくえん)と、ウイルス性結膜炎、非感染性結膜炎に該当するアレルギー性結膜炎が存在します。

結膜炎の治療とは

治療には基本的に点眼薬や軟膏を使用します。細菌性結膜炎であれば、いろんな細菌に効果的とされている抗生物質の点眼薬を使用し、ウイルス性結膜炎では、症状が出ている間に他の細菌などによる混合感染を避けるため、抗菌点眼薬を使用する対症療法を行います。また、ウイルス性結膜炎に関しては、「抗ウイルス薬」といった特効薬は存在しないとされています。体内でウイルスに対する抗体がつくられるまで待つという、自然回復が主な治療に該当します。

アレルギー性結膜炎については、アレルゲンとなるアレルギー反応を起こす物質を遠ざけることが第一とします。そして症状を和らげるため抗アレルギー点眼薬を使用する、といった治療方法が主になります。アレルギー性結膜炎は完全な治療がなく、せいぜいアレルゲンを遠ざけたりするぐらいしか対処がありません。自身のアレルゲンについてしっかりと把握し、生活に干渉しないように工夫していきましょう。

結膜炎の検査方法と重症度

結膜炎にはそれぞれ軽度なものから重度なものまで、さまざまな症状があります。

細菌性結膜炎について

基本的に軽度な症状とされることが多く、主なケースに起床時にめやにで目が開かないといったものがあります。

ウイルス性結膜炎について

重症化しがちで、充血やかゆみ、まぶたの腫れとめやにがひどくなることが多いでしょう。咽頭結膜熱(いんとうけつまくねつ)では、40度近い高熱が5日間以上もつづくケースが多いとされています。水分補給をしっかりとし、脱水症状に陥らないように注意することが大切です。この病気はそれ以外にも、咳や頭痛といった風邪(かぜ)に似た症状を併発するところが特徴的です。

ウイルス性結膜炎の検査

まず原因となるウイルスを特定する検査を始めなければなりません。原因菌がアデノウイルスであれば流行性角結膜炎(りゅうこうせいかくけつまくえん)や咽頭結膜熱になり、エンテロウイルスやコクサッキーウイルスであれば急性出血性結膜炎(きゅうせいしゅっけつせいけつまくえん)といった結膜炎に該当することになります。

これらウイルスの検査方法には血液検査や、目からサンプルを採取しての検査、麻酔点眼を行ったあとに、綿棒を結膜にこすりつけて検査キットによるウイルス特定などがあります。キットによる検査は手軽に行えるため、多くの眼科施設で採用されていますが、ウィルス量が少ないと検出できないこともあるのが難点です。

アレルギー性結膜炎について

アレルゲンが特定できていないときは、アレルギーのチェックを行うこともあります。血液検査や涙を調べたり、スクラッチテストを行うなど、比較的手軽に行うえるものなので、自分がなんのアレルギーをもっているか把握できていない場合は、一度チェックしておくのもよいでしょう。

結膜炎の療養のポイント

結膜炎にかかったあと、療養や予防方法をしっかり行いましょう。再発や重症化を防ぐ意味でも重要です。

細菌性結膜炎

比較的症状が軽いこの病気では、これといった療養は必要とされないケースが多いでしょう。再発を防ぐためにも、手は石けんを使用してしっかり洗い、不用意に目をこすることがないように注意する程度です。もし目がかゆくて我慢できない場合は、かゆみの成分を止める「抗ヒスタミン」が配合された点眼薬を使用したり、保冷剤などをタオルやハンカチにくるんで目に当てておくことも有効です。

ウイルス性結膜炎

まず、感染後は人にうつさないように注意する必要があります。「学校安全保険法」によりドクターが「感染することがないと判断」するまでは、学校などに登校することもできません。会社も、社内規定などで決められていることもありますが、集団感染を防ぐためにも休むことを推奨します。ウイルスに対する抗体がつくられるまで待つ必要がありますので、なるべく安静にして、栄養補給と水分補給、睡眠不足に気をつけて回復を待ちましょう。

アレルギー性結膜炎

基本的にアレルゲンから遠ざかることと、抗アレルギー点眼薬を使用するといった2点が主なポイントです。しかし、アレルギー性結膜炎にはコンタクトレンズの汚れに反応して発症する「巨大乳頭結膜炎」という病気もあります。こうなってしまうと、ドクターの指示のもと治療が長期化する可能性もあります。

また、コンタクトレンズを使用することが原則できなくなってしまうので、メガネを使用する生活スタイルへシフトしていく必要があります。この病気は、治療まで半年程度かかることもありますので、焦らずにじっくり治療に専念しましょう。