スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

どれくらいかかる?結膜炎の治療期間

更新日:2017/03/30 公開日:2017/03/27

結膜炎の治療

結膜炎にかかると、目が赤くなったりめやにや涙が出やすくなったりと、ひどくなると日常生活にも支障が出るほどの症状があります。伝染する種類の結膜炎もあるので、その治療方法などをドクター監修の記事で詳しくお届けします。

結膜炎はよく聞く目の病気でもあり、かかったことがある人も多いでしょう。いくつかの種類が存在する病気ですが、それぞれで原因が異なります。なかには症状や治療方法、治療までにかかる期間も変わってきます。

結膜炎の治療とは

結膜炎には大きく分けて、感染性結膜炎と非感染性結膜炎に分かれます。感染性結膜炎には細菌性結膜炎(さいきんせいけつまくえん)とウイルス性結膜炎などがあり、非感染性結膜炎にはアレルギー反応を原因とする、アレルギー性結膜炎が存在します。

細菌性結膜炎の治療

細菌に効果が高いとされる、抗生物質の点眼薬を使用することが一般的です。炎症を和らげるだけではなく、他の細菌による混合感染など、症状の悪化を防ぐ効果も期待できるとされています。

ウイルス性結膜炎の治療

基本的には抗ウイルス薬といった、直接有効となる薬が存在するわけではありません。抗菌点眼薬を使用して対症療法をつづけながら、体内にウイルスの抗体がつくられるまで待つことになります。抗体がつくられたあとウイルスを退治し始めますので、症状がおさまるまで時間がかかると考えられています。もし、角膜に濁った点があらわれた場合は、ステロイド点眼薬が処方されることもありますが、ステロイド点眼薬は使用の際に副作用のリスクがともないます。いずれもドクターの指示により処方されますので、処方時には使用方法や注意点などをきちんと聞いておきましょう。

治療後もウイルスが残っている可能性は高く、便だと30日程度ウイルスが残っている可能性もあります。症状がおさまったあとも決して油断せず、うつさないように注意をしましょう。もし家族がウイルス性結膜炎にかかってしまった場合も同様で、家庭内で二次感染しないように注意する必要があります。

アレルギー性結膜炎

治療の際、抗アレルギー点眼薬を処方されますので忘れずに使用するようにしましょう。アレルギー反応を起こす物質、アレルゲンを原因とするこの結膜炎は、完治という概念がありません。アレルゲンとなる物質を遠ざけて生活することを必要とし、それは治療後もつづきます。

また、コンタクトレンズによるアレルギー性結膜炎を発症した場合は、コンタクトレンズが使用できなくなる、といった弊害もあるので注意が必要です。コンタクトレンズを使用している人は、常に清潔に保ち、付着物が多い状態で使用をつづけるのは極力避けるように注意しましょう。

結膜炎の治療にかかる期間

結膜炎の治療期間はさまざまです。短いものだと比較的症状が軽度とされる細菌性結膜炎で、抗生物質の点眼薬を使用しつづけたとして数日程度です。ウイルス性結膜炎となると、体内にウイルスへの抗体ができるまでと、抗体ができてから実際にウイルスを退治するまでの二段階の期間を必要とします。それらを含めるとおおむね2週間~3週間程度はかかってしまうでしょう。

また、アレルギー性結膜炎は具体的な治療期間は存在しないケースが多いです。症状が出る間は抗アレルギー点眼薬を使用しつづけることになりますが、症状が出なくなったあともアレルゲンには近づかないようにしなければなりません。花粉の量が多いといった理由で抗アレルギー点眼薬では効果がみられない場合は、ステロイド点眼薬を追加することもあるでしょう。

しかし、効果が強くなってしまうため副作用があらわれることもあります。この場合は眼圧が高くなるといった副作用がみられるとされています。2週間以上ステロイド点眼薬を使用しつづける場合は、定期的に通院する必要があります。そして眼圧チェックを行ったり、経過を報告したりしなければなりません。もし副作用により眼圧が高くなってしまっても、ステロイド点眼薬の使用を中止したり、回数を減らすことで、高くなってしまった眼圧はもとに戻りますので安心しましょう。

これら以外にもコンタクトレンズの汚れを原因とするアレルギー性結膜炎「巨大乳頭結膜炎」というものが存在しますが、これは治療期間の目安が3か月~6か月程度とするなど、治療期間が長期にわたることになります。

結膜炎の治療後の過ごし方

結膜炎は治療後も再発に注意する必要があります。特に手洗いは石けんを使用して小まめに洗うようにし、目をこすらないようにするのは必須となります。ウイルス性結膜炎を予防する場合は、手洗い以外にも、公共の人の手や肌が触れるところは極力触らないようにするといった対策も必要です。万が一触ってしまった場合、自身の顔、身体や衣服に触れる前に、しっかりと手を洗うようにしましょう。

また、タオルやハンカチを共有することでも伝染しますので、それらを共有しないようにするのも大切です。携帯用の除菌スプレーなどを持ち歩いて、定期的に使用するのもよいでしょう。