スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

脱水症状で起きる頭痛の特徴

更新日:2017/04/25 公開日:2017/03/31

脱水症状の基礎知識

脱水症状では体内の水分・塩分の不足によってさまざまな症状が出てきます。のどの渇きなどの他、頭痛が生じることもあります。脱水による頭痛はどのように起こるか、メカニズムや予防方法についてドクター監修の記事にて解説します。

体内の水分や塩分を失い、なおかつ補給が追いつかなくなって不足してしまった状態を脱水状態と呼びます。脱水にはさまざまな症状があり、のどの渇きや唾液の減少などの他に、頭痛やめまいが生じることがあります。脱水状態ではどのようにして頭痛が起こるのか、そのメカニズムや予防方法について解説します。

脱水症状による頭痛の症状の特徴

脱水症状の原因は大きく3種類あります。水分の不足によるもの、塩分の不足によるもの、その両方が不足するものです。頭痛を生じるのは、主に水分の不足による脱水症状のときだとされていますが、水分を失っているときは体内のバランス機構がミネラルバランスを保つために塩分を排出しようとするため、ある程度は塩分も喪失しています。

脱水の症状として頭痛が発生するのは、脱水状態がある程度進行した状態のときです。つまり、たいていは頭痛だけでなく、脱水症状時にはほかの症状もみられます。たとえば、脱水の初期症状ではのどの渇き、唇や口の中の乾燥、食欲不振などが起こります。暑い環境で汗をかいたときや、嘔吐・下痢で体液を失ったときなどに、十分な水分・塩分補給を行わないと脱水症状が悪化します。

なお、高齢者では暑さやのどの渇きを感じにくくなるため、脱水症状が進行しても気づきにくいとされます。ぼーっとしてしまう、食欲がないなどの症状が出ても、脱水によるものだと気づかずに放置してしまい、重症となるケースも多いといわれます。

脱水症状で頭痛が起きるメカニズム

体内の水分が不足すると、血液の循環量が減少します。血液中の赤血球は、脳や各臓器をはじめとする全身に酸素を運搬する働きがありますが、この働きが不十分となって、脳などが酸欠状態となります。脳が酸欠になると体内のバランス機構が危険を感じて、脳にもっと血液が行き届くように脳血管を拡張させます。すると、拡張した脳血管が周りの神経を圧迫して、痛みとなります。

脱水症状で頭痛が起きるくらい体水分が不足し、ミネラルバランスが崩れていると、他の臓器や細胞にも影響が及んでいると考えられます。体細胞が水分不足でしぼんで、皮膚が乾燥する、老廃物がたまるなどの他、腎臓がうまく働かなくなって尿が減るといったこともありえます。塩分不足のせいで血圧低下や全身の冷えを生じる他、頭痛の悪化、嘔吐、けいれんも生じることがあります。重篤な症状として、意識消失や昏睡も起こりえます。

脱水症状による頭痛の診断

脱水症状の程度や頭痛の発生原因を調べるためには、病院で検査を受ける必要があります。体重の何%の水分が失われたかによって重症度が異なるとされます。軽症では2〜3%、中等症では4〜6%程度、重症では7%以上の水分喪失といわれており、中等症以上で頭痛がみられるとされます。そして、頭痛以外の症状や、尿検査、血液検査の結果とあわせて脱水症状の診断が行われます。なお、尿検査では尿の量・濃度、ミネラルの状態を知ることができ、血液検査では、血液の濃度・ミネラル量・老廃物の量・pHを知ることができます。

頭痛が起こるような中等症以上の脱水症状では、病院で点滴による補液が必要となるケースが多くみられるとされます。さらに、重症となると入院治療が必要といわれます。

脱水症状による頭痛の予防

脱水症状は、発症してから治療するよりも予防が肝心といわれます。脱水による頭痛を防ぐには、初期症状であるのどの渇きを覚える前からこまめに水分・塩分の補給をすることが不可欠と言えます。

高齢者の場合、特に自覚症状が起こりにくいことを先ほど述べました。トイレに行きたくなると困るから水を控えるという人も多くみられますが、持病で制限がなければ、成人には1日1.5L程度の水分摂取が必要です。周りの人が注意して水分補給をうながすことも有効といえますから、ぐったりして元気がない、食欲がないといったときには、脱水症状のサインととらえて声をかけることをおすすめします。

その他、口から水分を摂取することが難しい嚥下困難の人や、乳児のようにのどの渇きを訴えたり、自分で水を飲めなかったりという場合には注意が必要です。こちらもやはり周囲の行動によって脱水症状を防ぐことができますから、様子がおかしくないか見守る、異常があれば早めに対応することが予防につながると言えます。

水分補給の際に、浸透圧や塩分濃度を調節した吸収率のよいものを摂取することが効果的とされます。市販の経口補水液やスポーツドリンクでも脱水の予防になるといわれますが、自分で簡単に作ることも可能です。水1Lあたり塩を3g、砂糖を40g入れて溶かすだけですから、緊急時のみならず、日常で活用してみてもよいかもしれません。